ナナコあんてな

ナナコあんてな ニュース速報まとめです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ちょっといい話/英国】ある男のどん底人生救った猫、路上パフォーマンス評判で書籍化も[12/11/08]

1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/11/09(金) 11:02:01.69 ID:???



ソースはナリナリドットコム

http://www.narinari.com/Nd/20121119541.html



[1/2]

ロンドン中心地のある路上では、週に2回、英国で有名な1人の男性と1匹の猫のパフォーマンスを

見ることができる。男性の名はジェームズ・ボーウェンさん、連れている猫はボブ。

2007年、当時すさんだ生活を送っていたボーウェンさんは、自宅アパートの下でケガをしている

ボブと出会った。飼うつもりはなかったものの、面倒を見ているうちに懐くようになったボブに、

彼は家族としての拠り所を見出すようになり、今では大切なパートナーとして日々仲良く

過ごしているそうだ。


http://d2tu4pb4f28rzs.cloudfront.net/site_img/photo/2012-11-08-151302.jpg



英紙デイリー・メールや米ニュースサイトのハフィントンポストによると、ボーウェンさんは

3歳のときに両親の離婚を経験。母に連れられ、英国からオーストラリアへと渡った。

しかし「いつも稼ぐお金より多くを使っていた」母との生活は苦しく、仕事が変われば彼も

広いオーストラリアを西へ東へ、学校を転々とする日々だったという。

そして、待っていたのは同級生たちによるいじめ。彼は「誰も自分のことを理解してくれないと

思っていた」と、人間不信に陥った。



さらに母親が再婚すると、新しい父親とそりが合わず母親との関係も崩壊。

18歳のとき、「ロックスターになりたい」と夢を追う決心をしたボーウェンさんは、

単身英国へと戻り、結婚していた異母姉妹宅へと身を寄せた。しかし、ここでも良好な関係を

築けずに家を出る事態となり、彼は友人宅を転々とした後に路上生活者となる。

そこで同じ境遇の仲間から勧められて薬物に手を出した彼は、「死にかけるくらい」重度の

薬物中毒にも陥り、人生の底に落ちていった。


http://d2tu4pb4f28rzs.cloudfront.net/site_img/photo/2012-11-08-151309.jpg



-続きます-







2:やるっきゃ騎士φ ★:2012/11/09(金) 11:02:07.74 ID:???




-続きです-

[2/2]

しかし3年後、ようやく努力を始めたボーウェンさんは路上で歌うパフォーマンスを行いながら、

薬物更生プログラムを受け、提供された公営アパートに入居。

そんなとき、アパートの下でボブと出会った。誰かの飼い猫かと思い、周りに話を聞いてみても

所有者は見つからず、結局「もともと猫好き」という彼はボブの脚のケガが気になり、

治療を受けさせるために動物病院へ。そのせいで1日に稼げる収入を超える

「28ポンド(約3,600円)」を請求されたものの、この後、彼はボブを見放せなくなったという。


http://d2tu4pb4f28rzs.cloudfront.net/site_img/photo/2012-11-08-151316.jpg



するとある日、仕事に向かうためボーウェンさんがバスに乗ると、ボブは目的地まで後を

追いかけて来たことがあったそうだ。以来、ボブを肩に乗せて一緒に仕事をするようになると、

パフォーマンス前からボブにお金が集まるようになり、収入は以前の「約3倍」に。

そして人気となった彼らに2年前、1人の女性が話しかけて来たという。

出版関係者の彼女は、地下鉄の駅で雑誌を売っていたボーウェンさんに、彼らの人生を紹介する

本の出版を持ちかけ、半年後には「A Street Cat Named Bob」が発売された。

A Street Cat Named Bob - the book












英国のノンフィクション書籍では異例の「6か月間トップ10に入った」本は、現在までに英国内で

16万部以上を販売。18か国語に翻訳された本は、2013年夏には米国でも発売されるという。

ボブと出会って、「初めて家族がいるように思えた」と話すボーウェンさん。

共に生活をするうちに、彼自身が「多くを学び、成長した」そうで、大きなきっかけを

与えてくれたボブには「感謝している」と話している。


http://d2tu4pb4f28rzs.cloudfront.net/site_img/photo/2012-11-08-145442.jpg



現在もパフォーマンスを続ける一方で、本が売れて一躍有名になったボーウェンさんには、

ハリウッドから映画化の話も舞い込んでいるとのこと。

本の収入を「借金の返済やボブの健康保険加入」などに費やした彼にとって、いずれ「家を買って、

慈善活動をしながら普通の生活を送る」ためにも映画化は悪くない話のようで、交渉が進められて

いる。それでも「まだ芸をするのが好きだし、ボブもそう」と話しているから、これからも

まだまだ、ロンドンで彼らのパフォーマンスを見ることができそうだ。



-以上です-









39:やまとななしこ:2012/11/10(土) 07:22:36.00 ID:qaa9Jaug




>>2

本のぬこは険しい顔してるな

もっとかわいい写真使えばもっと本売れるのに(´・ω・`)









8:やまとななしこ:2012/11/09(金) 11:13:14.92 ID:kxlZJuXo



賢そうな顔してるなこの猫







9:やまとななしこ:2012/11/09(金) 11:13:31.96 ID:A8RnjsnX



大人しくマフラーに巻かれて下さるとは・・・

うちのぬこ装身具の類は無理だからうらやま可愛い







19:やまとななしこ:2012/11/09(金) 11:58:12.62 ID:ftXLqPyn



動画見たけど立ってエサもらっててかわええ








20:やまとななしこ:2012/11/09(金) 12:14:03.50 ID:eiwnUQDE



ぶんぶく茶釜みたいに芸をしたりするのかと思ったが

そばにいるだけか たま駅長みたいな



意地悪な事を言えばヒモで逃げないようにしてるね

犬ならば逃げないだろうが猫ならばスーッとどっかに

行ってしまうかもしれないな







25:やまとななしこ:2012/11/09(金) 12:49:02.51 ID:zE2GGLrV



えさで釣って芸をさせてるから肥満体になってるね

商業的にはボブ二号とすべくよく似た猫を

早めに探しておいたほうがいいんじゃないか







27:やまとななしこ:2012/11/09(金) 14:41:10.62 ID:GCAdNPEh



これ人が多い道で路上パフォしてるあいだ紐付けずに

大人しくしてるんかな

だとしたらスゴイ利口だな







29:やまとななしこ:2012/11/09(金) 15:38:43.95 ID:lNinDPnm



ニューヨークだったかでも猫を頭に乗せたお乞が話題になってたな







31:やまとななしこ:2012/11/09(金) 15:52:43.76 ID:FmObwxtH




人間の肩に乗る猫は頭がいい。そして人間との信頼関係が出来てる。









32:やまとななしこ:2012/11/09(金) 16:01:15.10 ID:6O6Wq6pJ




>>31

うちの猫乗るよ。

そして、もっと高い場所に飛び移るよ。

私を踏み台にするとは確かに頭が良い。










38:やまとななしこ:2012/11/09(金) 17:19:01.97 ID:FmObwxtH




>>32

うちの猫は逆~

俺の踏み台にしてワンクッション置いて降りてきてた

勿論、猫様なので感謝も何もなしですw









33:やまとななしこ:2012/11/09(金) 16:04:44.29 ID:vCJVFIIE



結局ロックスターにはなれず猫パフォーマーになってしまったのか







34:やまとななしこ:2012/11/09(金) 16:32:21.90 ID:J09TIraZ



ボブが死んだあと、このおっさんは生活していけるのかな







36:やまとななしこ:2012/11/09(金) 17:07:06.12 ID:N4hy99HT



http://d2tu4pb4f28rzs.cloudfront.net/site_img/photo/2012-11-08-151302.jpg


飼い主が有田に似てることの方が気になるわ




スポンサーサイト
  1. 2012/11/16(金) 05:46:26|
  2. ほのぼの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanakoch.blog.fc2.com/tb.php/188-fba0cc00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。