ナナコあんてな

ナナコあんてな ニュース速報まとめです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【徳島】「柿の知名度を押し上げるためにも、市場出荷できる商品に育てたい」…規格外の柿をチップスに、上板町特産品検討会が試験販売

1:生徒もろきみ!φ ★:2012/11/11(日) 16:43:51.46 ID:???



 農作物の加工品を開発している上板町特産品検討会が、柿を薄切りにして乾燥させた「柿チップス」の商品化に取り組んでいる。

町産の柿の知名度を高めるとともに、規格外品を新たな収入源にするのが目的。町内外のイベントで試験販売や試食を行い、改良を

加えて2013年度から本格的に販売したい考えだ。



 上板町では水はけの良い扇状地で柿の生産が盛ん。10年度の生産量は948トンと県内一を誇る。傷があるなど市場に出せない

規格外品は売り物にならず、有効活用が長年の課題だった。



 チップスへの加工は日下隆会長(54)=神宅、農業=が発案した。種が無く加工しやすい渋柿を9月に収穫し、風味や色合いを

損なわないよう、低温乾燥機械など設備がある阿波市の障害者施設に製造を依頼。厚さ1、3、5ミリにスライスして乾燥時間を変えた

12種類の試作品を作った。



 会員12人が試食した結果、厚さ5ミリで19時間乾燥させた商品を量産することに。試験販売や試食用に生柿120キロの加工を

発注した。



 11日に板野町のあすたむらんど徳島を主会場に開かれる「あさんウオーキングフェスタinいたの」では、1袋70グラム入り300円で

試験販売する予定。その後も町内外のイベントで来場者に試食してもらい、アンケートを回収し商品改良につなげる。



 検討会は農家や町、JAの関係者が08年に結成し、町産の桃を使ったシャーベットや阿波和三盆糖アイスクリームなどを開発してきた。

日下会長は「上板町の柿の知名度を押し上げるためにも市場出荷できる商品に育てたい」と意気込んでいる。



ソース(徳島新聞) http://www.topics.or.jp/localNews/news/2012/11/2012_135261187985.html

写真=上板町特産品検討会が試作した柿チップス


http://www.topics.or.jp/data/local_news/news/2012/11/J5WO0wwn.jpg







5:やまとななしこ:2012/11/11(日) 17:09:17.97 ID:WEtffUaX



>>1

生の柿の「でゅるっ」とした部分が大嫌いだから、こういう加工してくれると有難い

あと、産地明確なのが良い。野菜チップスの野菜は中国で作られたものが少なくないので、

油断して買うと後が怖いから







6:やまとななしこ:2012/11/11(日) 18:08:17.38 ID:C3nR3Pun



柿は知名度ある。日本人なら誰でも知ってる。







7:やまとななしこ:2012/11/11(日) 18:38:11.00 ID:pF7eCGFu



柿の甘さときたら…あんなにおいしいものはないよ



反対に渋柿のしぶの凄さ…びっくりする

それが干すとあんなに美味しくなるんだからな…ミラクルよ







8:やまとななしこ:2012/11/12(月) 11:38:41.92 ID:6/UN0viZ



柿はうまい

特に熟柿が最高だ






スポンサーサイト
  1. 2012/11/20(火) 12:11:21|
  2. ほのぼの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanakoch.blog.fc2.com/tb.php/208-d570eb31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。