ナナコあんてな

ナナコあんてな ニュース速報まとめです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ネット】「猫飼って」兄妹を12万人支援、父が出した“条件”あっさりクリア[12/11/16]

1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/11/19(月) 10:51:37.00 ID:???



ソースはナリナリドットコム

http://www.narinari.com/Nd/20121119635.html



子どもが何かを欲しがったとき、親は無茶な条件を持ち出して、諦めさせようとすることがある。

先日米国のある男性も、7歳の息子と1歳の娘に「猫を飼いたい」とねだられ困っていた。

そこで父は子どもたちを諦めさせるため、「Facebookで1,000人から『いいね!』をもらったら

買ってあげるよ」と、つい条件を出してしまった。

ところが「どうせ無理」と思っていた父の予想に反し、子どもたちの願いは多くの人へと広まって

いくことになる。


http://d2tu4pb4f28rzs.cloudfront.net/site_img/photo/2012-11-16-145423.jpg



米放送局ABCや米ニュースサイトのハフィントンポストなどによると、この家族は

マサチューセッツ州ニュートンで暮らすダン・ウルバーノさん一家。

先日、ダンさんは7歳の息子レミくんと1歳の娘エブリンちゃんから、「猫を飼いたい」と

お願いされた。しかし父としては、2人に猫を与えるのは反対だった様子。

そこで「明らかに達成できないだろう」と考えた今回の条件を2人に提示したそうだ。



そんな父の意地悪な思惑は露知らず、クリアすれば猫が飼えると張り切った幼い兄妹。

そこに母マリーサさんという強力な助っ人も加わり、3人はいかにして1,000人から

「いいね!」を押してもらうか、その作戦を考えた。そして出来上がったのが、2人が写った

1枚の写真。妙な方法は取らず、とにかく多くの人から協力してもらうべく、兄妹は素直に

インターネットの人たちへ気持ちを訴えかけた。



無邪気なエブリンちゃんを横に、メッセージを綴ったホワイトボードを手にしてカメラに笑顔を

見せるレミくん。ボードには、猫を欲しがる自分たちに父が「1,000人のいいね!をもらう」条件を

出したと説明した上で、この写真で「いいね!を押して」とする直球なお願いをしたためた。

そして写真は、マリーサさんのFacebookで11月7日に公開されると、結果はたった「数時間」で

出たという。



父が無理と考えた1,000人という条件は、投稿直後から協力者が続々と現れたおかげで

あっさり突破。その後も「いいね!」を押す人数は伸び続け、気付けば12万人(11月15日現在)

という数にまでなり、親子の“勝負”は兄妹の圧勝となる。

ABCの情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」にも出演したマリーサさんは、

これだけのネットユーザーに後押しされた理由を「私たち家族の友人たちが、親切心でお互いに

シェアしてくれたから」と感謝の気持ちでいっぱいだ。


http://d2tu4pb4f28rzs.cloudfront.net/site_img/photo/2012-11-16-150038.jpg



かくして「インターネットの力がどれだけ強力なのかわかったよ」と語る父ダンさんは、約束通り

2人に猫を飼わせてあげることに。

週末、家族は動物保護センターを訪れ、1匹のメスの猫を引き取った。

マリーサさんのFacebookには、猫を飼いだした後の写真も次々と公開されており、

2人も念願が叶って嬉しそうだ。


http://d2tu4pb4f28rzs.cloudfront.net/site_img/photo/2012-11-16-150043.jpg



そしてさらに今、家族の話を知った人から「猫にプレゼントを贈りたい」との要望も数多く

寄せられているそう。しかし、そうした人たちには、家族で訪れた保護センターに「うちの猫名義で

寄付をしてあげて」と提案しているという。



-以上です-







5:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:00:22.76 ID:Rm9BY5ct



いい話だにゃー







7:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:08:24.28 ID:g4UBQyHu



一歳の子が猫をねだるか~?

うちの子も一歳だけどあ~あ~う~う~くらいしか言わないぞ









16:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:27:56.71 ID:uSnw1ZAa




>>10

欧米では犬猫はそういうとこから引き取るのが多いよ

生体陳列型のペットショップなんてほとんどないか禁止










47:やまとななしこ:2012/11/19(月) 14:25:00.13 ID:nqQBXPjP




>>10

別に金で買っても良かったんじゃない

最後の方に、猫にプレゼントをしたいという人には、

保護センターに寄付して下さいといってるわけで

動物のことを思ってる人たちなんだよ

あと、バカ高い猫を買ってみろ、ネットで鬼女さまが叩きだすぞ










86:やまとななしこ:2012/11/24(土) 03:45:57.23 ID:jeHJ5/Zy




>>10

アメリカだとペットショップなんてほぼ無いよ

施設から引き取るにしても、予防接種代とか色々払うから、お金を払うという意味で感覚的には買うのと同じ。

まぁ訳の仕方だろうけど、父親は嘘ついてないだろう









12:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:19:17.32 ID:dvXRE3ai



子供もぬこも幸せなお話じゃないか







14:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:21:50.21 ID:CSZObFzW



まあ「いいね」しても、自分で飼うわけじゃないので責任無いわなw







19:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:34:02.36 ID:Ocxp+SXj



>週末、家族は動物保護センターを訪れ、1匹のメスの猫を引き取った。



安易にペットショップで子猫を買わないところがいいね

アメリカ人の社会貢献活動に対する意識の高さは素直に感心する








20:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:34:11.06 ID:v+CtsVvP



>そしてさらに今、家族の話を知った人から「猫にプレゼントを贈りたい」との要望も数多く

>寄せられているそう。しかし、そうした人たちには、家族で訪れた保護センターに「うちの猫名義で

>寄付をしてあげて」と提案しているという。



いい親だ







21:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:35:56.04 ID:yDqJx23f



一番最後の文章が一番いい話だった







22:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:36:56.31 ID:OeJGxEGM



>家族は動物保護センターを訪れ、1匹のメスの猫を引き取った。

皆この一家を見習えよ、ウチのも獣医さんの里親募集で貰ってきたぞ。







23:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:41:31.79 ID:RBuftxcS



これって良い話なのか?

自分が飼うんじゃないなら別にって感じの無責任以外の何者でもないだろう





動物保護センターから引き取ったご家族は素晴らしいと思うがw







24:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:42:28.34 ID:L7sVnev+



いいね!を押すだけでいい事した気分になれるからね

しかも責任なんて発生しない

最高だよ







25:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:43:17.07 ID:zE5xPgEh



いい話じゃねぇかバカヤロウ







26:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:43:49.67 ID:G+vxnR6M



1歳の娘って猫飼いたいって言わんだろ・・

母親の作戦だろ







27:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:48:40.22 ID:qR3KVZEc



1000人の無責任ないいね!







28:やまとななしこ:2012/11/19(月) 11:51:11.07 ID:mOr8yWB0



母親が猫好きなら、最初から問題ないだろw 米国で家持っていて犬も猫も飼わない

方が珍しいよ。





スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 05:09:27|
  2. ほのぼの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanakoch.blog.fc2.com/tb.php/258-777ed123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。