ナナコあんてな

ナナコあんてな ニュース速報まとめです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【福井】「柔らかくて深みのある味を堪能してほしい」…狩猟解禁、ぼたん鍋のシーズン到来、おおい町・名田庄でイノシシ続々(写真)

1:生徒もろきみ!φ ★:2012/12/05(水) 08:45:08.39 ID:???



 11月の狩猟解禁に伴い、福井県内でイノシシが次々と捕獲されている。おおい町名田庄地域の料理旅館の軒先には、

入荷されたイノシシがつるされ、本格的な「ぼたん鍋」シーズンの到来を告げている。



 ぼたん鍋は、一般的にイノシシ肉と一緒に野菜、根菜、キノコ類などを煮込んだ鍋で、名田庄地域を代表する冬の味覚

として人気が高い。イノシシ肉を薄切りにし、ボタンの花のように皿に盛り付けるのが特徴。



 同町名田庄久坂の料理旅館「新佐」では、11月3日に2頭を初入荷。その後、週に3頭ほどのペースで仕入れている。



 仕入れるイノシシは、地元猟師が同町などの山で捕らえたもの。血抜きし、水に浸して身を締めるなどの処理がされている。

1頭を丸ごと仕入れ、水分を抜くため軒先に1~2日つるしてから調理。自家製みそで煮込んで客に振る舞っている。



 経営者の栗原正夫さん(64)によると、今年はイノシシの餌となる木の実が豊富で、肉質、脂肪の乗り具合は良いという。

栗原さんは「寒さが厳しくなるこれからが最もおいしい時期。柔らかくて深みのある味を堪能してほしい」と話している。



 ぼたん鍋は、同店をはじめ、同町名田庄納田終の町営ホテル「流星館」、名田庄三重の料理旅館「南川荘」、名田庄口坂本

の料亭「門野亭」で3月中旬ごろまで提供される。



 県内のイノシシの狩猟は、わな猟が3月15日まで、銃猟が2月15日までとなっている。



ソース(福井新聞) http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/38391.html

写真=軒先につるされたイノシシ


http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/photos/20121204211941_812948510.jpg







3:やまとななしこ:2012/12/05(水) 08:50:25.94 ID:tiDnM53s



美味いんよ







7:やまとななしこ:2012/12/05(水) 10:33:41.64 ID:WvMeVqx9



蛇やミミズにムカデまで喰うイノシシをさらに人間が食うか・・・







8:やまとななしこ:2012/12/05(水) 10:37:31.07 ID:9LwnQgU9



肉に毛根が残ってるから食いにくい







10:やまとななしこ:2012/12/05(水) 11:34:04.39 ID:FpWuhGGn



京都から鯖街道を遡り辿り着く山間の名田の庄は

安倍晴明の末裔の土御門氏が応仁の乱から逃れて100年間住んだところ

その名の通り山間ながらよい米の取れる荘園

墓所もあるが今は道の駅や町営のホテルもある

ただ原発近いのが難





スポンサーサイト
  1. 2012/12/12(水) 06:01:12|
  2. ほのぼの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanakoch.blog.fc2.com/tb.php/319-3c5cc161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。