ナナコあんてな

ナナコあんてな ニュース速報まとめです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【生物】働くアリだけのグループにしても働かない個体が現れることを証明/北大

1:一般人φ ★:2012/12/12(水) 01:01:01.58 ID:???



北海道大学(北大)は12月7日、アリのコロニー内の労働制御機構を調べたところ、良く働くアリや働かない

アリが存在するのは、個体差などではなく、自主的にそうしたシステムとして取り入れていることを突き止めた

と発表した。



同成果は同大大学院農学院の石井康則氏、同農学研究院の長谷川英祐 准教授らによるもので、詳細は日本動物

行動学会発行の国際誌「Journal of Ethology」に掲載された。



アリのコロニー内の労働制御機構としては、仕事の出す刺激値に反応する程度に個体差があることから、

次々に現れる仕事の刺激に反応しやすい個体から仕事が配分されるという仮説では、常に働く個体とほとんど

働かない個体がいつも存在し、働く個体だけにしても一部は働かなくなると予想されてきた。



こうした予想に対し研究グループでは今回、シワクシケアリのコロニーを飼育。このコロニーでは、働きアリの

働き度合いに大きなバラつきがあり、常に働く個体からほとんど働かない個体まで存在していたが、個体識別

した上で各個体の働き度合いを調べ、よく働く個体だけ、あるいは働かない個体だけでコロニーを再構成し、

再度働き度合いの観察を行い、コロニー全体の働き度合いの分布がどのように変化するか調査を行った。



この結果、働く個体だけにしても働かない個体が現れ、働かない個体だけにすると働く個体が現れ、グループ

全体の個体の働き度合いの分布は常に元のグループと同じようになることが確認された。



また、働き度合いのバラつきの大きさは偶然によって生じるものよりはるかに大きく、何らかの機構によって

再現されると判断されるという結論を得たという。



この個体の働き度合いは産卵能力や年齢とは無関係で、選抜された個体の中に残っていた仕事の刺激に対する

反応の強さの差が、働き度合いの分布を元に戻すと考えられるとのことで、このことはアリが一部の個体が常に

働かなくなるようなシステムを、労働の制御機構として自主的に採用していることが明らかにされたことを

意味するとしている。なお、研究グループでは、今後の研究により、全員が働いた方が短期的な効率は高いにも

関わらず、一部の個体が常に休むという短期的には効率が悪いシステムの方がなぜ採用されているのか、

という疑問の解明が進むことが期待されるとコメントしている。





今回の実験の概要と結果


http://news.mynavi.jp/news/2012/12/07/122/images/011l.jpg




▽記事引用元 マイナビニュース(2012/12/07)

http://news.mynavi.jp/news/2012/12/07/122/index.html



▽北海道大学プレスリリース

http://www.hokudai.ac.jp/news/121207_pr_agr.pdf



▽Journal of Ethology

「The mechanism underlying the regulation of work-related behaviors in the monomorphic ant, Myrmica kotokui 」

http://link.springer.com/article/10.1007/s10164-012-0349-6







4:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:04:13.05 ID:8xTGHdNo



今時働くアリなんているのか?







5:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:07:27.44 ID:0VJj6YIx



数年前に聞いた話だが。

何か新しい事でも見つけた?







7:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:08:41.63 ID:kgXSA7vM




とっくに常識だろ



今更追実験?大学レベルの研究じゃないよね

小学生の夏休みの自由研究レベルじゃん









16:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:13:58.84 ID:qoRZ+p80




>>7

本当に>>1読んだか?









9:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:11:15.49 ID:epsFav9B




アリやハチの分業制は進化の結果獲得した遺伝子保存システムだけど、働かないアリはどういうことになるんだろうな









113:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 08:59:35.63 ID:b4AbA5pR




>>9

システムを構築・継続していくには潤滑剤として遊び人のような存在が必要と推測









13:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:12:35.18 ID:1Axd5SJb



.

 三交代制とか?







14:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:13:01.48 ID:twNwWrx9



働かないアリが何匹か常にいるわけだがこいつらを取り除いても

これまで働いていたアリの中からまた新しく働かないアリが出て

来るという奴か。その逆でもそうなんだっけ?

働かないアリだけにすると働くようになるとか







15:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:13:22.89 ID:sFXBb3HW



なんで働かない蟻と決めつけるの。

現場監督かもしれないし見張り役かもしれない。







17:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:14:52.62 ID:GBHfxwkn



働かないんじゃなくて何かをさぐってるか

何かの意味があるんじゃね?

アリは賢いよマジで。







18:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:15:44.27 ID:3quPb8nN



働かないんじゃなくて交代で寝てるだけってきいたぞ?







19::2012/12/12(水) 01:18:06.87 ID:nn5OssUY



>>1



 グレシャムの法則とか、20対80の法則って奴だね?

 俺も働かないで済む二割になりたい。







21:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:19:21.49 ID:sFXBb3HW



必ず現れるなら必ず役割があるはずだよな。







22:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:19:31.46 ID:+glNUmM8



つまり働かないのは怠け者だからじゃなくて

そういう役割ってことでしょ







23:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:20:15.22 ID:xlOvnGgf



最後のところが一番知りたいところだな







24:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:20:28.42 ID:Jgud99+Q




人の数10人とする



①動かすのに7人必要な機械は恒常的な稼動が可能

②動かすのに10人必要な機械は稼働率が低い



結果的には①の方が効率良い









25:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:24:56.81 ID:CGXi2syi




>>24

10人のうち3人切って7人を10人分働かせて給料は5人分で済ませればもっと効率良いよね!










31:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:29:43.64 ID:n0AUnoFr




>>25

実際にそれやると5人分も働かないから結局不効率になる。

バカな経営者はそれがわからないので会社はつぶれる。










35:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:32:28.35 ID:72oyek9R




>>25

それをリアルでやっちゃったのが今の日本









27:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:25:04.90 ID:aBWZ5ivE




結局優秀でも周囲との相対性なのか









61:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 02:23:22.40 ID:YGWOGYjp




>>27

何を今更w

キリスト教が支配する中世じゃあるまいし。



現代ではすべて相対的に決まると考える。

経済学ですら、労働価値説はマルクス経済学以外の

学派では消え去り、変わって市場によって相対的に

価値が決まるという限界効用説が主流になっている。



価値が決められなければ、性能も決められない。









28:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:27:51.70 ID:yn5Y0EVS



働いているか、働いていないか、は比較の問題でしかない。

全員働くアリであったなら、アリ自身にとって働くことが生きることであって

「働く」という概念そのものがないということ。



俺が思うに、わざと差異を生じさせることで、アリの社会で何らかのイデオロギーを構成するのに不可欠なんじゃないか?







29:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:28:05.95 ID:cvhHSBr+




そりゃ一族おなじ家にいたら火事で全滅するのと同じじゃね

行動別の団体が必要なんだろ









204:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 23:17:53.16 ID:NTZU4pNy




>>29

そうだね

全員が餌に群がってたら悪がきの一踏みで全滅

行動がばらけるようにするのが進化的適応の方向性なんだろうな

現象としては古くから知られていること

この研究でどこまで踏み込んだのかアブストみてもいまいちぱっとしない









30:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:28:19.73 ID:fS85EV0+




この働かない蟻ってどっちに近いの?

・サボりの怠け者

・レイオフで自宅待機を命じられてる









32:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:31:08.60 ID:DuQOSAJB




>>30

後者だろう、進化の過程でこうなったんだろうし。










36:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:32:59.21 ID:qoRZ+p80




>>30

>また、働き度合いのバラつきの大きさは

>偶然によって生じるものよりはるかに大きく、

>何らかの機構によって再現されると判断されるという結論を得たという。

って言ってるから後者なんじゃね?










231:名無しのひみつ:2012/12/13(木) 10:46:47.93 ID:lnIT36Cm




>>30

何らかのシステム指令による待機中で

一応職場に来て社員食堂も利用してるから

どちらも当てはまらない









33:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:31:59.03 ID:MxVm356/




怠け蟻のより抜きチームでもやっぱり怠ける奴こそ真の怠け者だろう









334:名無しのひみつ:2012/12/17(月) 12:31:03.35 ID:z7vpFH5W




>>33

ゴールキーパーと名付けよう










336:名無しのひみつ:2012/12/17(月) 16:29:36.56 ID:Kc2TPmLv




>>33

何回か組み合わせを変えても常に怠けてる個体が出てくるだろうが

そいつが単に確率の問題なのか真の怠け者なのか判断に迷うな。









37:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:34:08.58 ID:SVMNifeZ



働くグループが巣の外で大量死するような場合に備える補欠要因みたいなもので

働かないグループを集めて他の場所に移したら働きだすのかな。







44:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:40:35.10 ID:cvhHSBr+



そう考えると全体主義は必ず崩壊するのが自然の理だな







45:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:42:14.04 ID:QTgEs2q4



てかお前らアリ界と人間界を同一視しすぎ。

アリ界はユートピアみたいな楽園的な世界だ。

働くグループは、「いいぜ!俺はお前の分まで働くから!お前は休んでろ!」とかなってんだよ絶対。

働かないグループは、「みんなもっと休んでおけ!お前の分まで俺が働いちゃる!生きていけないからな!」ってなってんだよ。

だから、アリは自殺しない。







48:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 01:52:04.27 ID:lbda+Bl7



全員が出払って行列してるとこを如雨露で流されたら全滅だからな

ガキの頃、流しても流してもアリが絶えなかったのはこの仕組みのお陰だね







54:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 02:04:22.84 ID:sHvyrwgl



働かない事でアイデンティティを確立している



これは私と全く相違ない点で驚きを隠せない







57:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 02:10:03.58 ID:YMxwqqoE



ずいぶん古い話だなオイ



働かないアリってのは単になまけてるんじゃなくて

コロニー環境が激変して従来の捕食スキームが通用しなくなったときに

新しい餌場を見つけられるなどといった「バッファ=あそび」

として存在していることまでわかってるんだよ



要するにニートみたいのも昨今のパラダイム変わりまくりの世の中じゃ

増えて当然てことさな







59:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 02:13:47.39 ID:G/JckxDo



普通は報酬以上の結果なんて何があろうが出す理由なんてないのが

当然だからな。出来るからやれなんて屁理屈は一切通用しないよ。

その為に報酬があるんだから報酬高い屑にどんどん働いて貰うのが今後の

世の中だろ。それがギブアンドテイク。所詮ド腐れ企業だよ。自分の懐に

入った報酬以上の結果なんて市んでも出さないのがあたりまえ。

出来るからやれって言ってる外道はクレイジーな屑として辞職があたりまえ。







62:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 02:23:24.95 ID:HxY4Df+K



アリ飼いたくなってきた。

小学生の頃アリ飼ってたんだけど、あいつらすげえ面白いんだよなぁ。

縮小版の猿山みたいな感じでさ。







76:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 02:54:23.07 ID:2yo9Ulad



わかったことは交代制じゃなかったことくらいか







78:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 02:54:37.35 ID:istyIiLY




鶏で同じような実験が在ったよね。

集団になると、虐められる(つつかれる)個体が存在する研究で、

虐められる鶏を取りだしても、また虐められる鶏が出てくる。



なんか不思議だったけど、人間(子供)でも在るだろうと思ったよ。









80: 【関電 67.8 %】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:8) :2012/12/12(水) 02:56:02.40 ID:P70oD5ev




>>78

イジメる鶏を取り出せよw










81:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 02:59:04.49 ID:uerEIYhC




>>78

狼の群れでも、一番地位の低いのがいじめられ役だったかな









79:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 02:54:51.24 ID:9/dT4+R0



>>1

>なお、研究グループでは、今後の研究により、全員が働いた方が短期的な効率は高いにも

>関わらず、一部の個体が常に休むという短期的には効率が悪いシステムの方がなぜ採用されているのか、

>という疑問の解明が進むことが期待されるとコメントしている。



今生き残ってる遺伝子生物は幾多の大絶滅を超えて来てるからな。危機に対処するための本能が遺伝子の奥深くにあるんだろう。







83:名無しのひみつ:2012/12/12(水) 03:20:47.55 ID:+kfx4i78



蟻ンコでどうもすいません m(_ _)m





スポンサーサイト
  1. 2012/12/28(金) 04:48:47|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanakoch.blog.fc2.com/tb.php/345-58e364d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。