ナナコあんてな

ナナコあんてな ニュース速報まとめです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【行動科学】人は急ぐとき、なぜずっと走らないのか?/米研究

1:一般人φ ★:2013/02/22(金) 20:38:40.25 ID:???



 1時間に1本しかない急行に乗るためバス停へ向かう。あるいは、友人と待ち合わせたレストランや予約した

病院へ行く。距離は数百メートルほどだが、遅れそうで焦っている・・・。そんなとき、たいていの人は走り

始めるだろう。しかし、しばらくすると立ち止まり、少し歩いてから、また走り始めた経験はないだろうか。

 ここで疑問が浮かぶ。全部走った方が効率的では? 最新の研究によると、そうとも限らないようだ。



 アメリカ、オハイオ州立大学の機械工学者マノジュ・スリニバサン(Manoj Srinivasan)氏は、「人は目的地に

向かうとき、無意識に歩行と走行を組み合わせている」という仮説を検証した。「エネルギー消費を最小限に

抑える方法で移動しているのではないかと考えた」と同氏は話す。



 スリニバサン氏は36人の被験者に、フットボール場の長辺よりやや長い120メートルの距離を進むよう依頼。

ゴールまでの期限を設定し、ストップウォッチを渡した。すると、時間に余裕がない人は走り、2分ある人は

歩いた。期限が中間の人は、歩行と走行を切り替えながら進んだという。



 スリニバサン氏は実験結果から、「人は移動しながら、目的地までの距離に対する自分の感覚に基づいて、

歩行と走行をうまく調節している。あらかじめ決めておくのではない」という結論を導き出した。



◆“トワイライトゾーン”に最良のテクニック



「歩行と走行の組み合わせは、中程度の時間がある場合に適している。すぐに到着する必要はないが、時間が

無限にあるわけでもない。この時間帯を“トワイライトゾーン”と名付けた」と同氏は説明する。



 この“モード切り替え”能力は、古代の人類に役立ったはずだ。「基本的には進化論上のテーマだ」と

スリニバサン氏は話す。「先史時代の人類は食料を探すとき、エネルギーを温存しながら移動する必要が

あった。獲物がなかなか見つからず疲れた場合でも、捕食動物から逃げられるように」。



 ただし今回の研究では、調節の詳しいメカニズムについては解明されていない。



(本文>>2以降に続く)



▽記事引用元 ナショナルジオグラフィックニュース(February 19, 2013)

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130218003



▽Journal of the Royal Society Interface

「Walking, running, and resting under time, distance, and average speed constraints: optimality of walk?run?rest mixtures」

http://rsif.royalsocietypublishing.org/content/10/81/20120980.abstract?sid=96207387-cf7e-4ba6-8063-b77c62199e02







2:一般人φ ★:2013/02/22(金) 20:38:58.37 ID:???



(>>1続き)



◆市民ランナーは適度に休息を



 歩行と走行の併用は市民ランナーによく見られる手法だ。ときどき走るのを止めて少し歩き、またジョギングの

ペースを再開すれば、42.195キロの苦痛はいくらか軽減されるだろう。「全体的なエネルギーを節約し、

休みを取ることもできる」とスリニバサン氏は語る。



 今回の研究からいくつかのヒントが得られそうだ。まず、ランナーは無理しすぎないこと。歩行と走行を

組み合わせれば、消費エネルギーを最小限に抑えられる。



 また、親子で散歩中に、子どもがしだいに遅れ、走って追いつくという動作を繰り返した場合、それは親を

困らせようとしているわけではない。歩行と走行を切り替える人類の本能の現れと見るべきだ。



 さらに、義肢製作への活用も期待できる。「人はエネルギー消費を最小限に抑える方法で自然に移動している」という知識は、

より自然な感覚でエネルギーを節約できる義肢の開発に役立つだろう。



 さて、歩行と走行の理論を打ち立てたマノジュ・スリニバサン氏自身は、どこかに急ぐときに意識的に走行と

歩行を切り換えているのだろうか? 「正直に言うと、違うんだ。どこかへ向かうときには、身体にまかせている」。

しかし大急ぎのときには、猛然とダッシュするそうだ。



 研究の詳細は、「Journal of the Royal Society Interface」誌オンライン版に1月30日付けで発表された。



Photograph by Abraham Nowitz, National Geographic



(以上本文引用ここまで)







3:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 20:43:24.48 ID:Rk8BWHJW



体力ねええからだろが







4:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 20:46:10.48 ID:vRFEZwuF



知ってた♪

終了







5:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 20:47:16.42 ID:cwRzu2wF



疲れるからに決まっておろう







7:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 20:48:06.52 ID:QvislB71



いや走ったり歩いたりするのは一番疲れるトレーニングの仕方だよ。







8:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 20:48:10.92 ID:x4saDKP0



走りたくても身体が走ってくれねーんだよw







9:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 20:48:46.73 ID:B0V1gkxG




それが考えに基いた俺の最終手段は最初から最後まで全速力で歩く。

1km7分、震災時12kmを1時間半で歩き切った。









36:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 22:58:53.32 ID:xAWtKTce




>>9

10km以上の行列ができててそれどころじゃなかったわ









10:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 20:49:55.57 ID:taHZw3uM



体力が持たねえからに決まってるだろ。

目的地までノンストップで走り続けられるんなら誰でもそうするわ。







11:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 20:50:06.68 ID:0SbWiY29



「フルマラソン走る場合でも歩きを挟みながらだと最終的に早くゴールできる」

だともっと面白かったな

トップアスリート達がどれくらいどのように歩くかという戦略を練るとかになると胸熱







12:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 20:53:04.51 ID:81S/rjQb



走ることで心を満たし

歩くことで体を満たす







23:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 21:57:05.26 ID:malepzVW



階段も登っていくと段々疲れてくるよな

それと同じw







28:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 22:18:20.12 ID:7RoCOCeD



子供の頃読んだボーイスカウトかなんかのサイバイル関連の本で、

30秒走って30秒歩いてみたいなのが一番効率的で疲れず早く

目的地に到達できるって書いてあったような気がする。







29:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 22:19:13.86 ID:dLsRs6k/



走る=>疲れる=≧時間に余裕ある=≧歩く=>時間に余裕なくなってきた=>走る



というループ







30:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 22:43:26.54 ID:IIfgh1pI



>>1

日本だと「根性が足りない」の精神論で叩かれそうだなw

休む=悪と教えるからなぁ







31:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 22:49:09.86 ID:flWsOmSM



疲れるから以外に理由なんてあるんか?







33:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 22:53:56.43 ID:zBiGlFrG



たとえば、1Kmをてってけ走るのと、せこせこ歩くのと

どちらがエネルギー消費の総量は少ないか計ってあるのかな?

急ぎ足より駆け足のほうが楽のような気がする







34:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 22:54:53.85 ID:uhOSjBoW



何気ない行動でも、科学的に見たら理にかなった行動だったっての結構あるよね







40:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 23:30:15.56 ID:D+Z2P7Tw



陸上長距離の選手でもないと、走り続けることは事実上無理だろ。

まあ都会地だと横断歩道で待ったり、駅のホームで電車が来るのを

待つという息抜きができるね。







45:名無しのひみつ:2013/02/22(金) 23:58:59.88 ID:c4TjPMAd



終始走れるなら走るわ







46:名無しのひみつ:2013/02/23(土) 00:12:23.95 ID:Oy5a6PaL



急いでいるという事は、何か急ぐ理由があってその懸案を考えながら走る場合が

多いと思うけど、走りながら考えることに普通の人は慣れていないので、考えが

煮詰まってきたり、整理したい時に思考することに神経使いすぎて走ることが

おろそかになるってこともあると思う。

思考がまとまったり、時間の経過に気づいたらリミットを逆算してまた走りだす。







53:名無しのひみつ:2013/02/23(土) 00:44:10.11 ID:E+KKEt2g



これは仕事のペースにも応用できそうだな







54:名無しのひみつ:2013/02/23(土) 00:44:55.52 ID:aPtjVWKH



よく意味がわからないな



走る速度が一定なら走り続けた方が早いだろ







57:名無しのひみつ:2013/02/23(土) 01:04:42.00 ID:EgjnvGXo



面白い研究w

俺も走ったり歩いたりを繰り返すわw







58:名無しのひみつ:2013/02/23(土) 01:12:10.93 ID:aPtjVWKH




ある一定の速度をキープした方がエネルギー使わねえだろ









61:名無しのひみつ:2013/02/23(土) 01:41:46.10 ID:KPV2JpvM




>>58人体の場合走りやすい速度というのが存在するんだよ

でもその速度で長く走れない









71:名無しのひみつ:2013/02/23(土) 07:50:27.15 ID:QrPkFs7P



むしろ色々あって楽しいから





スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 04:38:52|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanakoch.blog.fc2.com/tb.php/406-a431ba2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。