ナナコあんてな

ナナコあんてな ニュース速報まとめです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【イカ】ダイオウイカ再び!NHKスペシャル『シリーズ深海の巨大生物』7月に2夜連続放送

1:チリ人φ ★:2013/04/25(木) 22:09:06.51 ID:???



ダイオウイカ再び! 『シリーズ深海の巨大生物』7月に2夜連続放送



『シリーズ 深海の巨大生物』と銘打った『NHKスペシャル』が7月に2夜連続放送されることが25日、わかった。

日本の代表的な深海を舞台に、最新鋭の有人潜水艇や最先端の科学技術を駆使して、神秘的な深海の

生態系に迫ろうというもの。1月13日に放送され、16.8%の高視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した

ダイオウイカの映像も改めて放送される。



1月の放送では世界で初めて鮮明な画像でとらえられたダイオウイカの姿が話題を呼んだ。潜水艇の登場に

より、科学者が深海に潜り、観察・研究ができるようになって、まだ50年。地球の海の8割を占める「深海」には、

ダイオウイカをはじめ不思議な形の生き物や新種の生き物が暮らし、その生態系は今も謎だらけだ。



第1回は「伝説のイカを育むオアシス」として、ダイオウイカはどんな暮らしをしているのか?なぜ金色に輝いて

見えるのか?なぜ小笠原の深海で出会うことができたのか?など、その後の分析でわかったことや実験・

シミュレーションを加えて、ダイオウイカのすむ深海の生態系をひも解いていく。



第2回「謎の海底サメ王国」では、富士山のふもと、駿河湾・相模湾が舞台。この湾は深い深海大峡谷になって

おり、40種もの新種の深海ザメが発見・記録されてきた世界に例のない場所だ。しかも一億年前の姿をとどめた

「生きた化石」といわれる古代ザメも多いという。長期にわたる取材・撮影を重ね、海底の谷の奥深くへ潜水艇で

潜航。深海ザメたちの王国へ分け入る。



http://www.oricon.co.jp/news/movie/2024058/full/



http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20130425/2024058_201304250110644001366894107c.jpg


http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20130106/2020338_201301060240401001357474095c.jpg


http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20130106/2020338_201301060240651001357474095c.jpg





【イカ】史上初の快挙 深海で泳ぐダイオウイカを世界初放送 1/13放送のNHKスペシャルで

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1357478503/







3:名無しのひみつ:2013/04/25(木) 22:13:20.91 ID:MKsuDFiZ



見逃して、話題になってたから見たかったんだ。







4:名無しのひみつ:2013/04/25(木) 22:21:25.85 ID:bHR6u2SV



.

 1時間番組x2 にどれだけの経費がかかるのか、という気もする。

 良い企画はバサッと短い番組にして、後はDVDを売るって感じに

 するんだろうな。いもとの登山もそんな感じだし。







5:名無しのひみつ:2013/04/25(木) 22:45:52.61 ID:/ZyJIArM



24時間潜水カメラで映してくれれば良いのに







6:名無しのひみつ:2013/04/25(木) 22:49:33.31 ID:thadBSCR



はなまるうどんで天ぷらにしてるヤツだっけ?







8:名無しのひみつ:2013/04/25(木) 22:59:41.32 ID:VyA7V1Kw




再放送じゃないの?









13:名無しのひみつ:2013/04/26(金) 01:22:34.78 ID:TWTswsom




>>8

再放送は5月2日










25:名無しのひみつ:2013/04/27(土) 00:04:16.07 ID:H7CGUYgU




>>13

再放送 5月2日(木) 午前0時10分~1時8分 NHK総合



『世界初撮影! 深海の超巨大イカ』



伝説の怪物「ダイオウイカ」。古来より船を沈めると恐れられてきた最大18mに及ぶ世界最大のイカだ。

しかし、深海で生きた姿を見た者は誰もいない。地球の海・最後のミステリーといわれる幻の超巨大イカの撮影に、

NHKと国立科学博物館などの国際チームが挑戦。世界遺産の小笠原諸島を舞台に、

科学者やエンジニアなど11カ国から50人のスタッフが結集した。



透明ドーム型で340度の視界をもつ最新鋭の潜水艇2隻に、NHKが開発した深海用超高感度カメラを搭載、

水深一千mの深海に潜航する。目指すのは発光生物や新種の生物に満ちた深海の秘境・トワイライトゾーン。

ダイオウイカを誘き出すため、科学者たちは大胆な作戦の数々を展開する。オトリ作戦、発光生物の光でおびき出す作戦、

異性を引きつける化学物質・フェロモン作戦。なかでも、ダイオウイカ最大のライバル・マッコウクジラにハイテク小型カメラを装着し

撮影する試みは圧巻。



10年の歳月をかけ地道に調査・準備を進めた末、ついに奇跡を呼び起こす。

人類が初めて遭遇したその姿は、黄金にまばゆいばかりに輝いていた!









9:名無しのひみつ:2013/04/25(木) 23:08:41.65 ID:KaHLy1CG



皆さんホタルイカも忘れないでくださいね







12:名無しのひみつ:2013/04/26(金) 01:09:46.07 ID:BBqBE0ir



イカ!2夜連続!!

ご期待下さい







21:名無しのひみつ:2013/04/26(金) 14:46:54.77 ID:tx6mC1du



永久保存版だな

録画するぜ





深海やばすぎ







22:名無しのひみつ:2013/04/26(金) 16:55:42.28 ID:bUoTV7Gh



イカだけに録画せんとイカんな。






スポンサーサイト
  1. 2013/04/28(日) 04:54:19|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanakoch.blog.fc2.com/tb.php/463-2dc3394e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。