ナナコあんてな

ナナコあんてな ニュース速報まとめです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【進化】飛べないペンギン、泳ぎに特化が原因か 飛行能力喪失は大型化の代償?

1:ニュース二軍+板記者募集中!@pureφ ★:2013/05/27(月) 08:17:40.33 ID:???



飛べないペンギン、泳ぎに特化が原因か



 ペンギンははるか昔に空を飛ぶ能力を失ったが、新たな研究により、その理由がついに解き明かされる可能性が

出てきた。泳ぎに特化する方向に進化し始めていたペンギンにとって、地上を離れて空を飛ぶことのコストがあまりに

高くなったことが原因ではないかと、この研究では指摘している。



http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/67655_0_600x400.jpg


翼を広げるアデリーペンギン。フリッパーとも呼ばれる翼は、ペンギンの泳ぎを助ける役割を持っている。

Photograph by John Eastcott and Yva Momatiuk, National Geographic



 空を飛ぶ能力があれば、南極圏に暮らすペンギンにとってはこれがかなり優位に働いていたとも考えられる。そのため、

ペンギンたちが飛行能力を失った理由と経緯は、科学者にとって謎だった。



 広く支持されている生体力学上の説は、かつてペンギンは飛行に適した翼を持っていたが、これが次第に泳ぐのに

適した形に進化し、その結果飛行能力を失ったというものだ。



 一方で、水中に潜る能力が向上したことで、海中で餌を獲得するチャンスが増えたと考えられる。



 そして今回、ペンギンをはじめとする海鳥の飛行と潜水に関する消費エネルギーのコストを調べた新たな研究に

より、これまでの説を裏付ける重要な証拠が浮上した。



◆他の海鳥との比較で浮かび上がる進化の過程



 ハシブトウミガラス(学名:Uria lomvia)は、ペンギンと同じように水中に潜る習性があるが、空を飛ぶこともできる。

この鳥の生理機能とエネルギーの使い方は、飛行能力を失う直前のペンギンの祖先と近いのではないかと考えられ

ている。



 また、ヒメウ(学名:Phalacrocorax pelagicus)にも潜水の習性があり、水中では足を使って推進力を得ている。

今回の研究チームは、これらの海鳥が、飛行が可能だった最後のペンギンの祖先について、その生態エネルギー

消費に関する生体力学モデルになるのではないかとの仮説を立てた。



 研究チームでは、ハシブトウミガラスのエネルギー消費に関して、技術と同位体を用いた詳細な分析を行い、

現生のペンギンが地上生活を送っている理由を解き明かした。この研究によると、ハシブトウミガラスは他の飛行

能力を持つ鳥との比較では潜水能力が最も高く、この能力で勝る鳥類はペンギンしかいないという。



 これに対し、その飛行能力は、現在知られている空を飛ぶ鳥類や脊椎動物との比較で、最も多くのエネルギー

消費を強いるものとなっており、この能力の維持が難しい状況になりつつあることも判明した。



 研究チームでは、カナダのヌナブト準州にあるハシブトウミガラスのコロニーと、アラスカ州ミドルトン島に生息する

ヒメウを対象に調査を行った。まず、対象となる鳥に酸素と水素の安定同位体を注入し、これを用いて海鳥たちの

身体的活動コストを追跡した。さらに同チームでは、活動時間を計測する装置を取りつけ、行動を追跡した。これは

歩数計のように、鳥の動きや速度などのデータを記録するものだ。



「基本的に、これらの鳥が行う活動は3パターンしかない。じっとしているか、泳いでいるか、空を飛んでいるかのいずれ

かだ。したがって、たくさんの個体のデータを集め、こうした鳥の時間の使い方と、同位体を使った計測から判明した

生存に必要な総コストを突き合わせれば、それぞれの行動パターンについてどれほどのコストがかかっているかが判明

する」と、今回の研究の共著者で、スコットランドのアバディーン大学でエネルギー研究グループを率いるジョン・スピー

クマン(John Speakman)氏は説明する。



 スピークマン氏はさらに、「(ペンギンは)ウミスズメに似た祖先から進化したと考えられる」と述べた。同氏の説明に

よれば「進化の過程で翼が小さくなり、これは水に潜るにはより適しているが、飛行には向かなくなる」という。



>>2あたりに続く



Brian Handwerk/National Geographic News May 21, 2013

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130521001







2:ニュース二軍+板記者募集中!@pureφ ★:2013/05/27(月) 08:17:49.88 ID:???



◆飛行能力喪失は大型化の代償?



 東京大学の大気海洋研究所に所属する行動生態学者で、ナショナル ジオグラフィック協会のエマージング探検

家に選ばれた経歴を持つ佐藤克文氏は、今回の研究について、ペンギンが空を飛ばなくなり、身体が大きくなった

謎を解き明かす重要な要因を示したと評価している。ペンギンは水中での優位性を保つために、空を飛ぶ能力を

失ったというのだ。佐藤氏はこの研究に関わっていない。



「興味深い事例として、コガタペンギンのケースが挙げられる。コガタペンギンはウミスズメ科の鳥の一部よりも身体が

小さく」、体重も1キロほどだと佐藤氏は指摘する。「(ウミスズメ科に属する)ウミガラスにとって潜水にかかる身体的

コストはコガタペンギンとほぼ同じだ。つまり、コガタペンギンは潜水に加えて空を飛ぶこともできるウミガラスが住んで

いる環境では、生き延びられないということになる」。



 身体が大きければ、潜水能力が向上し、より長い時間潜っていられるようになる。ペンギンが飛行能力を失った

直後に進化が加速し、より身体の大きなペンギンが次々と出現したのも、これが理由かもしれない。



◆進化の加速は哺乳類のライバル登場も一因?



 今のところ、飛ぶことができたペンギンの祖先の化石は見つかっておらず、現在知られている最も古いペンギンは、

中生代と新生代の境目に位置し、恐竜などの大量絶滅が発生したK-T境界(5800~6000万年前)直後のもの

となる。



 スピークマン氏も「ペンギンの進化が、K-T境界の直後に起きた(哺乳類の)爆発的な放散と同時期に起きたと

推測したくなる気持ちはわかる」としながらも、「この説を支える直接的な証拠はなく、白亜紀の末期に起きた可能

性も十分にある」と注意している。



「現在わかっているのは、K-T境界直後の哺乳類の放散により、(地質学的な意味で)突然に多数の哺乳類が

登場したことだ。そのためにクジラ類やアシカ類(などの哺乳類)が海中の餌を奪い合う、強力なライバルになった

可能性がある」(スピークマン氏)。



「ゆえに、競争が激化したこの新たな環境において、水に潜る習性を持つ海鳥にとっては、潜水能力に秀でていることが、

より大きなメリットをもたらしたとも考えられる。水中環境における能力を向上させようとする圧力により、ペンギンの祖先が

進化の結果、一線を越えて飛行能力を失ったとしてもおかしくない」と、スピークマン氏は解説している。



 今回の研究は「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌のオンライン版に5月20日付けで掲載された。



High flight costs, but low dive costs, in auks support the biomechanical hypothesis for flightlessness in penguins

Kyle H. Elliott, Robert E. Ricklefs, Anthony J. Gaston, Scott A. Hatch, John R. Speakman, and Gail K. Davoren

PNAS 2013 ; published ahead of print May 20, 2013, doi:10.1073/pnas.1304838110

http://www.pnas.org/content/early/2013/05/16/1304838110.abstract



【生物】ペンギンの背中に小型カメラを取り付け、その行動をペンギンの目線で観察することに成功/国立極地研究所 画像あり

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1358830780/-100

【古生物】過去最大のペンギンの化石、南極で発見 画像あり

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1353656340/-100

【生物】南極のコウテイペンギン、想定の2倍いた 宇宙から調査 英米豪研究 画像あり

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1334763179/-100

【古生物】古代の大型ペンギンの姿が明らかに ニュージーランドに生息、コウテイペンギンより細身で長身 画像あり

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1330444491/-100

【生物】コウテイペンギン潜水時、羽ばたき回数に上限 東大 画像あり

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1326603126/-100

【古生物】古代の巨大ペンギン、白黒ではなかった 画像あり

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1286005845/-100







3:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 08:29:04.96 ID:EOQUka9l



あいつら勢いつけたら海面から垂直に3m以上飛び上がるぞ。







4:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 08:48:59.54 ID:9V8EDFSD



知ってた







5:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 08:58:24.01 ID:H7Bltdry



たまたま羽の小さい奇形が現れて、それが有利だった可能性は無いの?







7:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 09:25:15.94 ID:ysMDMlCF



寒い→太る→飛べない→潜る

かと思ってた







8:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 09:31:42.08 ID:LcvLJcPR



トドやシロクマの襲撃をかわすために猛烈に羽ばたいて

10秒(距離にして50~100mくらい)くらいなら飛べるんだよ。



研究者が観察してる場は安全な営巣地や通常の採餌行動してるところなので

見せないだけ。








9:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 09:37:09.23 ID:QFAAtJm5



もし進化せずに空を飛ぶペンギンが現実にいたら







10:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 09:53:22.49 ID:MrB3VJSH



アホか、大型化も何も

ペンギンは「水中を飛ぶ鳥」だろ

水中に適応したんだから空中は飛べなくて当然

イルカが「水中を泳ぐ哺乳類」であって

水中に適応したんだから陸上は歩けないのと同じことだ







12:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 10:20:25.32 ID:ow50EbKi




鳥類って、本当は飛びたくないんじゃないかな

「飛ばなくてもいいなら飛ばない」って方向に進化したがるよね

「働かなくても食って行けるなら働かない」に似ている気がする









18:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 15:07:28.98 ID:cfssQ7ZA




>>12

カラス(とくにハシボゾガラス)は、極力飛ばないで、地面をホッピングして移動してるよね。

自動車で近づいても、おまえ逃げろよ...って距離まで飛びもせず、結局歩いて車を躱す。



一種の遊びかも知れんが、プリウスに轢かれるなよ。w










23:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 18:19:02.43 ID:GI9kQWsD




>>12

人間は走った方が速いけど、走らなくて済むなら走らないよな?









14:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 10:26:05.96 ID:tmT+G1ht



海鳥は海の表層に出て来た魚を捕まえて食ったりする。

それだったら自分が海の中に入ったほうが、ずっと得策なんだろう。







16:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 12:25:17.43 ID:rCoqCl9T!



飛べないペンギンはただのペンギンだ







21:七つの海の名無しさん:2013/05/27(月) 17:55:28.60 ID:aZNRrNK+




ニワトリも飛べないではありませんか。









25:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 23:29:53.33 ID:LcvLJcPR




>>21

野良のニワトリは1~2世代のうちに、普通に木の上で寝起きして生活して数十mくらいは飛べるようになる。









22:名無しのひみつ:2013/05/27(月) 18:01:07.24 ID:SE8cXLdD




恐竜絶滅直後から飛べないペンギンやってるってことは

そもそも最初から飛んでないんじゃないか?









28:名無しのひみつ:2013/05/28(火) 01:47:50.12 ID:TUcEHzqy!




>>22

小型恐竜が水中適応したのがペンギン







スポンサーサイト
  1. 2013/06/03(月) 05:30:00|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanakoch.blog.fc2.com/tb.php/499-d10f602a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。