ナナコあんてな

ナナコあんてな ニュース速報まとめです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【技術】ウシの「げっぷ」を燃料に変換する画期的な新技術を開発/アルゼンチンの研究チーム

1:ケンシロウとユリア百式φ ★:2013/10/21(月) 22:34:34.99 ID:???



アルゼンチンの研究チームが、温室効果ガス排出の削減につながるかもしれない

新技術を開発した。ウシの「げっぷ」を燃料に変換するという画期的な方法だ。



アルゼンチン国立農牧技術院(INTA)の手によるこの新技術は、

ウシの胃につないだチューブから消化ガスをタンクに集め、

その後メタンガスを分離するというもの。

メタンガスは、自動車や発電所などで使われている天然ガスの主成分。



INTAの動物生理学グループの責任者、ギレルモ・ベラ氏は

ロイターの取材に「(集めたガスを)圧縮すれば天然ガスと同じになる」と説明。

「現段階では実用的なエネルギー源とは言えないが、

化石燃料の埋蔵量が問題になる2050年という未来を見据えれば、代替手段になる」と述べた。



ウシは1頭当たり1日250─300リットルの純粋メタンを排出するが、

これは冷蔵庫を24時間切らずに使うのに十分な量だという。



アルゼンチンは約5100万頭の肉牛を飼育する「ビーフ輸出大国」の1つ。

INTAによると、同国の温室効果ガス排出量全体の30%がウシによるもの。

メタンガスの温室効果は二酸化炭素の23倍に上るが、

INTAは「それを抑える方法にもなる」としている。



ソース:ロイター(2013年 10月 21日 13:17 JST)

http://jp.reuters.com/article/jpnewEnv/idJPTYE99K03720131021







2:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:41:16.84 ID:KoZUVESC



イグノーベル賞狙ってるな








3:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:44:24.43 ID:ja/7b//6



牛の負担は?







5:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:47:02.32 ID:LTTO3A82




げっぷなんてそんな出るもんなの?









26:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 00:52:00.71 ID:2ZeTrUnZ




>>5

実家牧場経営してたけど

エサやってる時に、牛のゲップくらわされてたよ



月イチくらいで・・・










47:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 13:18:26.44 ID:YKRBSee9




>>5

牛のゲップが地球温暖化ガスの大きな割合を占めている。

http://www.naro.affrc.go.jp/org/nilgs/guidecomic/04/index.html









6:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:48:50.73 ID:o5NBALiU




俺もよくゲップするよ。

燃料費1ゲップ=1万円で、提供するわw









8:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:53:19.18 ID:LTTO3A82




>>6

逆流性食道炎だろ、ガン化するから早めに健診しれ









7:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:51:57.84 ID:qaQH9wb6



うう・・・・・・ (>_<)







9:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:55:35.73 ID:3efS9hOe



いや…そもそもゲップをどうやって回収すんだろ?たえずマスクでもつけるのか?








10:(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2013/10/21(月) 22:58:33.65 ID:UHMnD3Q9




毎年春になると「人類を救う新エネルギーを発明...」

と目を輝かす人が増えるらしい...南米はこれから春なのか?









11:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:00:46.64 ID:0Cn7YjMY




>>10

そりゃ、南半球はこれから春だろw









14:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:13:13.96 ID:Glz5eOBp



牛に発電機を回させれば、運動不足も解消。







15:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:18:40.79 ID:tGTdndaZ



牛の生体エネルギーを抽出すると言う厨弐病







16:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:18:48.12 ID:WB0oDSyl



>「(集めたガスを)圧縮すれば天然ガスと同じになる」



牛乳か肉か知らんが、ほかの用途のウシに四六時中マスクつけさせるわけにもいかないし

圧縮するのにコストというかエネルギー要するでしょ、という。



熱力学って産業を前提として構築されたものだから、

そこらへんもうみんな考えたり試したりしてる。。。







17:(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2013/10/21(月) 23:22:11.90 ID:UHMnD3Q9



いっそ燃料電池付きサイボーグ家畜を開発してみたら?







18:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:23:41.81 ID:t5YuRv46



モーこれまでか・・・







19:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:33:10.21 ID:WB0oDSyl



アントンハイセルと同じにおいがする







20:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:46:47.40 ID:rPsjAdWU



たぶん、ウォルター・ビショップ博士が30年位前に完成させてると思うw







23:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 00:41:56.45 ID:IbwUUCX1



何の病気でもない牛に胃ろうを付けてるようなものか。牛がちょっとかわいそう。







25:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 00:50:39.01 ID:P7fUcUIJ




メタンガスは軽いから上に上がるよ。

牛舎を突起状の屋根にしてそこから集めたら?









36:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 06:57:41.16 ID:wh8t2Ndz




>>25

確かに。それいいな










42:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 09:22:36.65 ID:TTylp1rp




>>25の案のが実用的だろ

それに牛の口に変なものとりつけたら愛誤がうるさそうだし









27:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 01:07:39.64 ID:lNDaOcBv



いっそイグノーベル賞候補になり得る研究になら本家のになり得るそれ同様の十分な研究費を出す、ようにしろよ日本は

どっちにもならない大抵のものよりずっとまし



一見バカな研究でも珍奇度がそこそこ高ければそこそこ食っていけ得ます 理系呼び込みになりそうだろ 

>「ウシのふんからバニラの香り成分「バニリン」を抽出した研究」で日本人研究者の山本麻由さん(26)が2007年度イグ・ノーベル賞を授賞しました。

女研究者の呼び込みにもなる







29:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 01:15:37.19 ID:o4xdscSV



たしか環境破壊の元になってるらしいから

なにげにずごい発明かも







31:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 03:17:14.30 ID:rj3PgRT+



>ウシの胃につないだチューブから消化ガスをタンクに集め



コスト的に見合うとは思えない訳ですが







33:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 04:31:35.17 ID:izuxYQYO



ばかばかしい。

牛を牛舎で飼育するんなら別だけど。

アルゼンチンはパンパで放牧させてアルファルファを食わせてるんだろ。



こういうのはメタンハイドレートが燃料になるとか言う馬鹿と同じ。

小規模でもいいから実績を挙げてから言ってほしい。

インビトロとインビボは違う。







34:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 06:19:08.73 ID:jVJjtpay



人間減らせば牛の需要もヘルから結果的にco2減るだろ

特にラテンなんかボカボカ作りすぎだからよ

まず↓から







37:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 07:01:31.90 ID:snp25BhE



消化効率が高くてゲップを出さない牛ないし腸内細菌を、

遺伝子操作で作成する方が実現早そう。







38:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 07:07:38.95 ID:Wqub+3Jz



ワシのげっぷはいらんか~







43:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 11:20:44.31 ID:nF1f6m1P



牛の腹に穴を開けてチューブを差し込むんじゃなかろうな

愛護団体が押し寄せるぞ







44:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 11:33:13.88 ID:QU5kpWE0



いや、それやるなら牛の胃の中に住んでる微生物から

メタンガスを発生させるヤツを単離・培養してもっと効率的にやろうよ







49:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 14:29:20.39 ID:1LChSRlc



放牧するウシの背中に一々ビニールバッグを背負わせて

口から通したチューブを通ってビニールバッグにメタンが溜まる



こんな仕組みかねえ?

でも毎日集めなきゃいかん

放牧でも乳牛なら毎日乳搾りの時に集めるから

その時にメタンも回収する



>>1だけじゃどうも分からんな

まあ、集めたガスで牛乳を煮たりは出来るんだろうなあと







52:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 17:08:09.20 ID:ExBengXS



インドで研究してなかったっけ?







54:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 17:48:44.48 ID:dVP+SBXv



牛のメタンガス発生量 55㎏/年・頭 (人間 0.05㎏/年・人)



自動車 10,000㎞/年の温室効果に相当



世界の牛の数 15億頭

自動車の数 10億台





肉ばっかり食べてたらやばいよw







56:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:00:30.99 ID:JW9ezmmY




げっぷしない牛を掛け合わせようよ









57:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:42:02.93 ID:HgOcHE7s




>>56

セルロースの分解と密接に関わってるから

げっぷしない牛は探してもいない










58:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:49:46.60 ID:hRojFTyH




>>56

おならが出るんじゃね?









59:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 07:04:43.59 ID:WaXJB9c/



肉食べるのやめたら牛自体減らせるよな







60:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 07:25:55.06 ID:k1ubHZfX



地球を滅ぼすといわれてた上に

メタン不足ともいわれてたからな

三法良しだ







61:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 09:04:36.58 ID:weHltlF/



食べてすぐ横になると牛になるというのはただの迷信と思われてるけど

逆流性食道炎になって牛のようにゲップが出るという事だからな。

昔の人の格言を馬鹿にしちゃいけないよ







63:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 18:46:54.34 ID:Yg4XlOpX



イグノーベル賞とノーベル賞の両方を獲得している人っているね







64:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 22:49:08.13 ID:BlZsqW1l




それより、牛の胃の中でメタンを別の物質にする菌を育てりゃいいだろうに?









65:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 02:10:17.59 ID:UX0hF8Y+




>>64どんな物質がいいかなあ?

水溶性にして、別の細菌が利用できるものがいいか?










68:名無しのひみつ:2013/10/25(金) 04:28:21.50 ID:rIVBwNwV




>>64

そうだ!メタンから糖を作る細菌入れようぜ!









66:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 02:23:17.89 ID:oFSj+Kgw



地球寒冷化になれば牛が地球を救うのか・・・





  1. 2013/10/27(日) 12:00:46|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【医療】脱毛症治療に光…毛乳頭細胞をヒトの皮膚組織に移植して毛が生えたことを確認/米コロンビア大など

1:ケンシロウとユリア百式φ ★:2013/10/22(火) 18:17:06.15 ID:???



毛髪を生み出す組織「毛包」の形成に主要な役割を果たす

毛乳頭細胞を成人男性の脱毛症患者の後頭部から採取し、

試験管内で立体的に培養した後でヒト皮膚組織に移植したところ

毛が生えたと、米コロンビア大と英ダラム大の研究チームが発表した。

論文は22日以降に米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 

日本では東京理科大の辻孝教授らが昨年4月、毛乳頭細胞と

毛包上皮の幹細胞を組み合わせて立体的に培養する方法で、

毛包再生に成功したと発表した。コロンビア大などのチームは、

毛乳頭細胞だけでも培養方法を工夫すれば毛包を再生でき、

近い将来に臨床試験を始められる可能性があると説明している。



ソース:時事通信(2013/10/22-02:07)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013102200025

画像:成人男性脱毛症患者の毛乳頭細胞を採取して試験管内で立体的に培養し、

ヒト皮膚細胞に移植したところ、毛包が再生し毛が生えた(染色後の顕微鏡写真)


http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0131021atj1_p.jpg



関連リンク:米科学アカデミー紀要に掲載された論文要旨

「Microenvironmental reprogramming by three-dimensional culture

enables dermal papilla cells to induce de novo human hair-follicle growth」(英文)

http://www.pnas.org/content/early/2013/10/16/1309970110.abstract

関連リンク:東京理科大辻教授による毛髪再生の説明ページ

http://www.tsuji-lab.com/research/organ/hair.html







2:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:18:57.61 ID:bwUv8zcS



ブラック増毛企業終わった!







3:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:19:44.25 ID:Hvtfev1d



ハゲに朗報







4:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:23:16.11 ID:QjfCqq5W



全然興味ないけど頑張ればいいよ全然興味ないけど







5:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:25:44.82 ID:F9XCOntE




ハゲは差別用語。

髪の毛の不自由な人でいいだろう。









19:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:54:43.58 ID:iZ39EnF7




>>5

長ったらしい言い換え語は結局定着しないよ。

ハゲと同じくらい短い単語じゃないと。ゲーハーとか










33:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:40:25.01 ID:j+P3hJz4




>>5

髪の毛が不自由ってなんだよ、

どちらかといえば自由すぎるから剥げてんだろ










87:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 12:39:24.95 ID:dTGJZLJE




>>5

follicularly challenged とか folically independent とか comb-free とか言うらしい



直訳すると、最後のは「櫛いらず」だ









6:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:27:09.70 ID:ENXiWOq6



ハゲ細胞まだかー!!







7:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:30:14.92 ID:6UVhMieY



医療の進歩は素晴らしい。

特にここ最近はペースアップしてるように見える。







8:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:31:30.57 ID:QA0wf5jZ



移植しても根本的な原因を治療しなければ再びハゲる







10:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:36:32.96 ID:kubW+23v



しかし本来頭部を保護する為のものが加齢で抜け落ちるってのはおかしな話だよな







11:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:38:15.81 ID:ehDdpr5e



ハゲみになります。







13:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:55:45.37 ID:U0X8MJnR



頭部以外の体毛は加齢により増えるのにな。







14:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:14:47.76 ID:RrDmCws9




逆に、一発で脱毛出来る塗り薬とかって出来ないの?









15:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:40:55.87 ID:Rwdeg7Gw




>>14

それはすでに薬局で売られている。









16:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:46:19.95 ID:kKYJOhAx



俺には全然必要ないけど早く実用化するといいね

俺には関係ない話だけど国策として研究したらいいんじゃね







18:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:46:55.37 ID:oS9swiGf



ハゲの抗体ができそうだ







22:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:57:36.36 ID:0sQL34Dr



ハゲは甘えではない!

俺はずっと闘っている!







23:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:01:19.09 ID:6XdeKhsX



髭剃るのドーメンサイクーだからゲーハーの人に毛根提供したいわ







24:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:04:07.78 ID:g49Wpx2j



これ、加齢に伴う男性的なハゲの話?

それとも脱毛症とか病気的なハゲの話?







25:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:37:28.62 ID:CvIKsmYY



これは、施術が必須みたいだから、皮膚科が有望?







26:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:40:50.11 ID:JA/GcUJx




ハゲ部位に移植した場合はすぐに死滅するのよ









35:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:46:45.90 ID:7QLydKXV




>>26  

既に植毛って技術が実用化されているけど









27:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:52:55.64 ID:+rtKTj0l



養分のない畑に苗を植えるようなものか

ハゲの諸君、残念だったなm9(^Д^)プギャー







28:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:59:49.89 ID:5QoTVDH/



毳が生えてきたという研究はよくきくが

一般社会に浸透するまではまだまだ時間かかるのか







29:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:07:49.56 ID:rEQnM3YH




用水路のないところに田んぼ作って苗植えてもだめ。

血管作んないと。









35:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:46:45.90 ID:7QLydKXV




>>29 

既に植毛って技術が実用化されているけど









30:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:12:24.95 ID:IBzv8AUA



はやくはやく!!

厚生省もはやく承認よろしくね







31:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:18:51.33 ID:W37JvEhN




実験段階で成功!しかし続報がまったくないのが現実









58:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 05:29:09.73 ID:3iMflqEG




>>31

いや、続報があったときに前の研究を忘れてるか

もしくはそもそも続報自体を知らないだけだ



ハゲの研究はここ数年で明らか進歩してるぞ









32:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:29:36.72 ID:vHwg9rFA



薄毛に悩む厚生族議員に教えたらすぐに保険適用だな。







36:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:47:28.14 ID:XEQcFYgM



ハゲに光かぁ

医師はサングラス必須だな







37:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:51:17.13 ID:+75XQ2Qa



これまでのデータから今後を予測するに、猶予はあと3年ほどしかない。急いでくれたまえ。







38:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:01:53.93 ID:7XM5EKk9



どうやら世界は救われるようだな







42:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:30:53.45 ID:UomzMile



毛根にはいくつかの断面パターンがあるのは皆知っているだろう。

頭部の毛髪と陰部の毛髪とではニーズに大きな違いがあるぞ。



そこをクリアして大量増殖・大量移植が可能になったらイグノーベル賞は受賞確実。







43:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:33:01.19 ID:VM9upbq8



     

後頭部から毛乳頭細胞を採取し、ブツブツと針で植え付けていく現方法と、



どう 違うん

                                          







44:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:33:55.56 ID:H7UsAE/s



ただの円形脱毛症ならそれで再生するかもしれない

ただ、遺伝によるパゲは… そもそも毛が抜け落ちる頭皮環境なわけだし。







45:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:43:59.32 ID:wausmU7W



でも、お高いんでしょう?







46:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 23:14:35.82 ID:uRKTVY3F



無駄な抵抗はやめて、おとなしくハゲなさい。







47:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 23:23:40.28 ID:4gGV9Quh



もう光ってんだよ。

約にたちゃしない。







48:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 23:44:58.84 ID:bdlsDWlG



ハゲを受け入れるか、ハゲは病気として治療受けるか、になってくるんかね?







49:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 23:45:33.22 ID:q9dJfcZD



もういいよ





間に合わなかった







54:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 00:45:22.51 ID:dgJEWYVW



禿げるスイッチは脳の方にあるから、移植しても禿げる細胞にすぐ変わると思うわ







56:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 01:28:59.35 ID:WWXF/dSn




やせた土地に植林しても









60:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 07:18:41.26 ID:JQWjAdD8




>>56

これだな



俺も薄いが ハゲる奴は頭皮が薄く柔軟性がない ハゲない奴は

頭皮に脂肪多く柔らかい









62:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 07:44:08.99 ID:sJH0m5Dp



もともとはあったんだから毛乳頭細胞が無いのが問題じゃなくて

毛乳頭細胞が死滅する頭皮を何とかしなきゃ無意味だろ。







63:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 07:48:10.86 ID:cIXFT4G2



ゴリラとか他の類人猿からしたら、人間なんて

驚くほどの脱毛症なんだから、極一部の毛を

気にしてもしょうがないだろう。



おそらく、進化を重ねて行くと生まれてから死ぬまで

ツルっぱになるはず。

ゲーハーの人は進化の最前線にいると誇っていいよ。







66:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 09:46:57.21 ID:/MjS9Tzf




俺的に年取っても禿げない人(髪の減らない人?)の特徴



角刈りが超絶似合う頭の形

幼い時から髪の毛が太くて硬く本数も滅茶苦茶多い、髭も眉も濃かったりする

オデコのシワを寄せると太いのが一本際立つ、またシワがそれだけ(オデコが狭い場合が多い)

猿顔

頭と顔の皮膚を含め目全体的に皮膚がぶ厚い人









74:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 17:13:01.71 ID:MXQVn/tf




>>66

まんま俺のことで、俺は立派に禿げてるが










75:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 17:41:34.13 ID:/MjS9Tzf




>>74

陸上の天狗猿みたいな高校生のような奴の事やで









68:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 10:51:13.19 ID:0ej08B6l



しょうがねえな

俺が実験台になってやってもいいぜ







69:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 11:08:38.56 ID:oDo8J+/W



(´;ω;`)ブワッ







70:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 11:20:06.86 ID:3glzHPUO



おれ、某植毛専門の病院で植毛したけど

普通に生え続けているけどな

悩むことなくなって精神的に楽になった、金は100万以上かかったけど







71:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 12:14:05.66 ID:mMBpzu9D




これって腋とか陰毛でも代用効くかな?

毛髪必要なら残ってるうちに上手く保存する方法あるだろうか









72:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 13:28:49.56 ID:3iMflqEG




>>71

培養するんだから、大した量は要らないし

わざわざ他から取る必要はないと思うが









77:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 19:08:39.27 ID:qNJurndl



無駄な抵抗だ







78:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 21:10:16.69 ID:yaaFbYpj



で、あと何年で実用化されるんだよ!







80:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 21:50:30.13 ID:/DVm48II



禿げに移植したとたん枯れるから無駄www

禿をなめるなよwww







83:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 02:48:28.26 ID:DrHqv9nw



去年、マウスにこの細胞を移植して発毛に成功したけど

その時は10年後の実用化を目標にと言ってたな



てことは後9年かな…







84:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 03:14:40.80 ID:CKVsQLEC



早く、お安くできるようにお願いしまつ。







85:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 03:33:33.56 ID:941TO72a



一般発売化はよ

間に合わんくなるやろが







86:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 07:44:56.27 ID:NFCxK29p



認可に10年とかw





  1. 2013/10/26(土) 12:00:00|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【生物】世界最大級の淡水魚ピラルク ピラニアから身を守るために優れた多層構造を持つ「よろい」を進化/米カリフォルニア大

1:白夜φ ★:2013/10/20(日) 09:50:02.48 ID:???



ピラニアから身を守るピラルクの「よろい」

2013年10月16日 10:34 発信地:パリ/フランス



【10月16日 AFP】南米のアマゾン(Amazon)川に生息する世界最大級の淡水魚ピラルク(学名:Arapaima gigas)は、

食欲旺盛なピラニアから身を守るために優れた多層構造を持つ「よろい」を進化させてきたとの研究論文が15日、

英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された。



米カリフォルニア大学バークレー校(University of California at Berkeley)のロバート・リッチー(Robert Ritchie)氏率いる研究チームは、

顕微鏡調査と機械的検査によって、ピラルクのうろこが極めて頑丈な外殻を持っており、突き刺さった歯が折れるような仕組みになっていることを発見した。



うろこは波の形状をしており、下にある厚くて弾力性の高いコラーゲン層に圧力をそらすようになっている。

このコラーゲン自体も、ねじれて重なり合った「ラメラ」と呼ばれる多層構造になっており、約50ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)の厚みがある。

ラメラ構造は「かみつき」に反応して少し横滑りすることで、その圧力を広い範囲に分散させることができる。



ピラルクのうろこは「特定の機能を実現するために生物由来物質が果たした進化の顕著な一例」だと論文は指摘。

「特にピラニアのかみつきに対して、多重レベルの防御で対抗するためにある」という。



ピラルクは巨大な肉食魚で、体長が最大4メートル、体重が200キロ以上にまで成長する。

ピラルクにとっての最大の脅威は人間で、19世紀に食用のための乱獲が始まり、現在は絶滅が危惧されている。(c)AFP

_____________



▽記事引用元 AFPBBNews 2013年10月16日10:34配信記事

http://www.afpbb.com/articles/-/3001501



▽関連サイト 

Nature Communications

Volume: 4, Article number: 2634 DOI: doi:10.1038/ncomms3634

Received 05 May 2013 Accepted 18 September 2013 Published 15 October 2013

http://www.nature.com/ncomms/2013/131015/ncomms3634/abs/ncomms3634.html







2:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 09:55:36.13 ID:hNqGcBMh



あれっ?



ピラルクてピラニアが出現する遥か昔から同じ姿じゃなかったのw







3:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 09:57:50.37 ID:5wh49Guz



おいしいんだね

養殖しましょ







4:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 09:59:13.64 ID:xCe6lHFe




回転寿司で食った事あるよ

なんちゃって「鯛」w









35:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 15:06:28.07 ID:Jt3SVVlB




>>4

節子、それピラルクやない

ティラピアや









5:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 10:05:24.06 ID:5wh49Guz



200キロの鯛か、いいわ







9:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 10:28:48.96 ID:pmCte3lI




ピラルクなんておっとりした魚だからなあ

体の一部から出血した状態でピラニアの群れに囲まれたら

本来はあっという間に骨だけにされかねないわけで



しかし頑丈な鱗のお陰でピラニアの噛み付きに耐えると



ピラルクは逆にピラニアを食べる事もあるんだとさw



ピラルクは空気を直接飲み込んで呼吸する事も可能なので

水がムチャクチャに汚くても死なない

水のアンモニア濃度が、普通の魚ならとっくに死ぬような濃度になってもびくともしない

それで養殖に適する



アマゾンではピラルクーを養殖し、食用に販売するようになったとの事

野生個体はどんどん減少しているが、丈夫で汚水にも強く成長も早い

(2年で50kgに太る)などの性質により次世代の産業として期待されている



飼育で水が汚れ過ぎたらもちろん取り替えるが、

その場合水を畠に直接撒くとそのまま肥料として効力を発揮するほど汚れるまで

平気だったとの事で、同時に畑作も行えるのだ









14:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 11:17:31.91 ID:PGGrwZVm




>>9

ほうほう、興味深い話をありがとう。










53:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 19:58:36.74 ID:pmCte3lI




>>50ピラルクーは基本的には動物質の餌しか食べないと言われている

これを何とか慣らして、大豆など植物性タンパク質を多くした餌を食べさせてコストダウンに努めているとの事









10:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 10:31:00.76 ID:kRyU5sxw



そのうち天敵の人間用に進化するんだろうか…?







12:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 10:51:21.07 ID:ur4P7H4B



戦車の装甲の原点か







13:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 11:05:06.56 ID:jY6hXt5U




>>「特にピラニアのかみつきに対して、多重レベルの防御で対抗するためにある」という。

生物の特徴を説明する時にこういう目的論による説明をよく見るけど、

それじゃ進化にピラルクの意志が関わってるみたいで変



「特にピラニアのかみつきに対して、多重レベルの防御をもった個体のほうが生存に有利だったため、

突然変異によってたまたまそういう特徴を持った個体が生き残るようになり、そうでない個体は絶滅した」



ってことでしょ、ここは細かいけど重要だと思う









17:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 11:49:24.44 ID:IACgFVgx




>>13

まあ、重要なのは分かるけど長々と一々書くより

「~のため」の一言で便宜的に済ましたいのも分かるw










22:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 12:19:32.80 ID:xXh1Y24Z




>>13



偶然で進化するというのもおかしな話なんだよな。

個体に意志があってその意志で進化するなんて事はないだろうけど

もっと生命の全体性による相互作用を考えるべきなんだな。










30:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 12:52:13.34 ID:jY6hXt5U




>>22



その偶然ってのは意志が存在してないって意味のつもり



生命の全体性による相互作用ってのが何を指してるのか分らないが

エピジェネティクス進化論なんかがそれに該当するのかな?獲得形質は遺伝するってやつ

http://www.epigene.biz/index.php

けっこう面白い理論だなとは思ってる










75:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 20:38:27.24 ID:Tvrc6lMJ




>>30

遅レスだが



>その偶然ってのは意志が存在してないって意味のつもり

それもどうだろう?

遺伝子を情報デバイスと捉えた場合、再生のみで書き込みできないってのは違和感がある。

まだ発見されていない何らかの書き込み機構はあってもおかしくはない。

催眠により内出血くらいは起こせるんだ、遺伝情報の操作も不可能とは考えにくいね。





無論前提に無理があるのは承知だが、考え方としてはこういう考えもあるって事で。









16:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 11:48:04.62 ID:jkD0UmbX



人への防弾技術に転用ですね

わかりました!







18:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 11:58:25.54 ID:VuDmRcHm



身近なモノで説明すると、

トランプの束を横にねじった状態。







19:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 11:59:13.44 ID:B/PGsjTM



これぞインテリジェントデザイン







20:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 12:03:03.56 ID:YJgVr2dK



甲冑魚はやはりカッコイイ







21:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 12:04:06.37 ID:5ba4BSF+




人間に食べられへんようにするには身に毒を持つのが手っ取り早いで









24:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 12:28:17.44 ID:JiXollQ8




>>21

人はふぐの卵巣すら毒抜きして食べるというのに









25:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 12:30:37.07 ID:uYjhPSjp




最大級という言葉で逃げてるがピラルクで実際捕獲したものは2m台









47:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 18:19:37.63 ID:4NEA4eAL




>>25

ピラルクより、でかい淡水魚って結構いるよな

本当の世界最大の淡水魚はヒマンチュラ・チャオプラヤだろう










52:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 19:56:44.35 ID:pmCte3lI




>>47何を持って淡水魚とするかは定義が難しいものがある

シロチョウザメは6mなどになるが大きくなるのは海に降りるものであり

陸で湖のみに留まるものは半分以下などという



ヨーロッパオオナマズは巨大で2m後半以上になる

かつては5m?がいたというが、1950年代以降の世界的な化学工業の広がりにより

汚染で激減したが、その後排水内の物質が規制されたため再び巨大なものが見られるようになり、

有害化学物質は無いがBODは大きい、というタイプの汚れた水を好むため、物凄い勢いで大きくなっている

1980年ごろは1.8m以上には育たないと言われたのが2000年には2m個体が復活し、最近では2.6m以上のものも見つかっている

ただし、大きくなっても200kgはなかなか超えないのだ



メコン川のメコンオオナマズも巨大で、3m前後、300kgになる。

これはヨーロッパオオナマズよりがっしりした体格だ

ヨーロッパオオナマズはオタマジャクシのように腹だけ丸くて尾が細く、メコンオオナマズは尾近くまでがっしり太い

熱帯の赤土混じりのメコン川は中国の排出化学物質を必死で吸着して耐えているが、ここでもメコンオオナマズには

徐々に暮らしにくい水質になりつつある

身は油っぽくて旨くないという人が多いが、トムヤムプラーブックにすると美味しいというw

プラーブック(パーブック)とはタイ語(ラオ語)での名称



アマゾンにはピラルクー以外にピライーバというナマズもいてこれは某書で5mと書かれたが、2m以上にはならない模様

サメのようなスタイルで泳ぎの速いナマズ



ナイル川のナイルパーチも2mを軽く越える。ハタ・クエ・ブラックバス体型の魚だから体重が重く

3m個体なら間違いなく300kgになるというし、エジプトでミイラとして保存された巨大なナイルパーチは2.8m280kgというw

美味なのでビクトリア湖では移入され養殖され輸出され重要な産業になっているが多くの在来魚を絶滅させてしまった



アメリカ南部にいるアリゲーターガーも3m前後になるが体重は200kg程度。しかし歯だけは凄いぞw



軟骨魚は体液に尿素を含み浸透圧調整をするが、尿素は分子が半端に大きく細胞膜の透過に時間が掛かるが抜ける事もできるから

そのタイムラグを生かした淡水⇔海水移動能力にも優れる

そのため、幅4m400kgオーバーのヒマンチュラ・チャオプラヤのように、大河川の下流域でしばしば塩分濃度が上がるような所は

巨大な軟骨魚類が居着いてしまう。

全長5mオーバーのノコギリエイが川をずっと遡る事も多い

更に、7.4mのジンベイザメがマレーシアで川を遡上し始め、30kmほどで息絶えた事もあったというw

ヒマンチュラやアハイアグランティ(アマゾン産)などは生涯河川域で繁殖できる巨大淡水魚だ



チョウザメ類も3mはおろか4m以上ですら川で幾らでも発見されている

世界の巨大淡水魚をカウントし始めると上位5種が全てチョウザメになっちゃうでしょ?と言われた事すらある

確かに川で繁殖するし、陸封型でも3m以上の記録も多いし、インチキかもしれんが塩水湖のカスピ海に下ってから

再遡上した5mオーバーのもの、なども知られている



だが淡水魚マニアは、軟骨魚とチョウザメは興醒めといいやがったwwwwww









28:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 12:37:44.38 ID:wXHII4dC



人間に食べられないようにするには、不味くなれば良い







33:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 14:31:08.51 ID:Eu/2eDQv



身を守れたから生き残ってんだろ マジで進化なんてするん?







34:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 14:44:39.86 ID:kp27xSVj



人間はズル賢い奴が生き残る







36:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 15:08:58.95 ID:ZtQWZIIb




川魚は臭くて食えない









37:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 15:18:17.81 ID:pmCte3lI




>>36クミン、ナツメグ、ローリエ、セージで臭いを消せ










39:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 15:26:40.57 ID:Ii4LVAJM




>>36

一週間泥吐かせりゃ下手な海の魚より美味いのも多いよ



っていうか住んでる場所のせい










40:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 16:01:37.01 ID:pmCte3lI




>>39ブラックバスなんかは泥吐かせるためのしばしの飼育も

外来生物種規制法のため色々許可取った後でないと認められないんだよな










41:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 16:40:48.12 ID:yTxFMyRo




>>36

天然モノのワカサギ、鮎、アマゴ、ヤマメ、イワナ、鱒、鰻、鯰、川鯉、モロコ

など普通に美味い。



琵琶湖で売ってる淡水魚には君が知らないであろう魚種でも美味しいのが沢山あるぞ。










42:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 16:42:29.39 ID:Ii4LVAJM




>>41

モロコだけは微妙な気がする、というか元の味が残ってるモロコの料理を見たことがないのだが、

てんぷらとかにしたらどうなんだろうあれ?










43:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 16:50:47.80 ID:yTxFMyRo




>>42

ホンモロコは塩焼きが一番うまいが非常に高価なので京都大阪の高級和食店

にしか出回らない。琵琶湖の湖魚専門の魚屋で買える場合もある。



骨が硬いのでてんぷらは無理だろ。

佃煮はタモロコ、地モロコが多いと思う。ホンモロコ使ってるところも少ないがあるにはある。










44:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 16:53:25.10 ID:Ii4LVAJM




>>43

なるほどなあ、佃煮とか干してダシとか粕漬けとかそんなんばっか食ってたから素の味をしらんのだ

ちょっと今度自分で釣って捌いてみるかな









38:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 15:25:15.63 ID:XJMmbI5L



古代魚ってもとから鱗が固いだろ。







48:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 18:27:04.10 ID:QsHotHlP



ピラルクて昔は沢山いたんかね?

数が沢山いるか美味しいか取りやすいかがないと人間に目をつけて取られないと思うし







49:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 18:33:08.84 ID:NfMYeH6w



4メートルってのはガセだろな

実際は2・5メートルくらいだろ







54:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 20:00:28.01 ID:Ii4LVAJM



> 軟骨魚とチョウザメは興醒めといいやがったwwwwww



気持ちは分かるw







55:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 20:02:37.70 ID:XRWA6wCa




ピラルク4m説www懐かしすぎる昭和の俗説。

ピラルクはせいぜい2.7mとかが限界。2.5mを超えると相当の巨大個体。

昔の図鑑は、ピラルクに限らず魚類に限らず、体長がやたら誇張されてる傾向。









56:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 20:05:43.68 ID:Ii4LVAJM




>>55

現地の伝承や言い伝えを割と真に受けてたのかも?

イワナやイトウも笑っちゃうような伝説あるし



ただ、多くの魚種で、図鑑に記載されてる全長から遥かに外れたサイズの記録が取られることもあるし、

まったくないとも言い切れないのよな……まあ、浪漫だ










58:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 20:12:16.01 ID:pmCte3lI




>>55

サメなんて実物の1.7倍くらいの数値が平気で並んでた

ヨシキリザメ6m

アオザメ7m

この辺は全部大げさ過ぎw



アオザメ7mってホオジロザメの確実な最大記録より大きいかも知れんなw

ホオジロザメに至っては12mと書かれていた



一方クジラの方は以前より最大個体の数値が大きくなった種類もある

マッコウクジラは昔は18mと言われたが今では20mオーバーとされている



クロマグロはかつては3mと言われたが、タイセイヨウクロマグロでは4.5mの個体がいることが分かった

要するに、まともに漁獲されてデータがあるものは、近年ほど大きな新規録が出ている、という所かな



サメはまともに漁獲されないから昔は目分量や海の男の酒の席の大法螺でも記載してたってところかw

でも漁師に海の上でインタビューしててサメ8mとか言う奴に「それホラでしょー?」とか言ってたら

間違いなく海に突き落とされるからなあwww










64:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 00:55:14.48 ID:qPKv3Acf




>>55

餌とその質や水質も寿命や成長に影響するから、今の最大が過去の最大とも言い切れないし。










65:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 07:40:01.33 ID:rF1w+sYr




>>64

で、4mのピラルクがいつ確認できたんだね?餌とその質や水質でピラルクのサイズの何が変わったの?

20世紀の図鑑には、「漁師からの聞き取り」のようなあやふやな話を根拠として、

その後の他人のレスにあるような話は常識レベルで知ってるし否定してないが、

にしても、随分とでかいサイズが書かれている場合がよくあったという思い出話をしてるだけなのくらい読み取ってくれ。









57:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 20:05:55.82 ID:K7r7YLT3



たしかにチョウザメが淡水魚で一番デカいと言われると違和感







59:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 20:15:11.08 ID:pmCte3lI



ピラルクーの鱗は靴べらに使うのに丁度良い形である



そう言えばガーなどのガノイン鱗も構造が独特だったな







60:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 21:42:33.50 ID:Ii4LVAJM



> タイセイヨウクロマグロでは4.5mの個体



人が食われても普通に飲まれるサイズか……







61:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 22:31:33.02 ID:WNu0eUJZ



ピラルクーは1億年前から同じだった

ピラニアの祖先は1000万年前に出現したことが確認された



ピラニアたん凄いです

タイムトラベルできたんですね^^







62:名無しのひみつ:2013/10/20(日) 23:01:06.31 ID:pmCte3lI



この場合、同じ、というのは基本構造が同じというだけだ

鱗なんかは微妙に進化してくる



サメは昔から形が変わっていないというが、メジロザメ類は新生代になってから進化した

それまでは歯の形に今ひとつ機能性を欠いていて

魚などを噛み千切るならそれだけ、貝を噛み砕く底性の種類ならそれだけの歯を持つものだけだった



しかしメジロザメ類だと、イタチザメなんかは比較的噛み砕く能力が高くウミガメが大好物だが

基本的に飲み込めるものは何でも喰らい付いて噛み砕きも切り裂きもできる万能の歯を持っている

こんなわけで、歯とか鱗とかはかなりマイナーチェンジが効くのだ



なお、歯と鱗は基本構造が同じとされている







63:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 00:48:38.85 ID:HFD6IDdc



淡水エイもかなりでかい

メコン川には直径2~3mの巨大なのが最近発見されてる







66:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 09:06:13.96 ID:igNjDT9C



20年前によみうりランドにいたピラルクは2.5mぐらいだったと思う。

当時アロワナとかにハマってて、ピラルクも大好きだったので2.5かよ。大した事ないじゃん。とか言いながら、実際に見たら余りにデカくてびっくりした思い出がある。







67:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 20:36:10.13 ID:MAVeSkCB



ピラルクーは1年10kg以上のペースで太る

3年目過ぎには50kgという話



だが幼い時期から小さい水槽に入れると1mになる前に止まる事もある、などという



世界的にはピラルクーよりアラパイマの方が通じるとの事







70:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 13:07:02.36 ID:1LChSRlc



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9B

大型淡水魚だとパーカーホーも大きいね

コイの仲間だが1.5m100kg以上だとか



で、かつては3m300kgが釣れたという記録もある

但し近年では大型個体はいなくなってしまい1mですらかなり少なくなってしまった



これとは別に

http://en.wikipedia.org/wiki/Catla

Catla catla

これは1.8m110kgの記録がある

しかし、3倍体個体が3m300kgになった、とこれまた言われているらしい



http://en.wikipedia.org/wiki/Labeo_rohita

これも2m110kgになった記録のあるコイ科魚種



他にアオウオ、ソウギョ、ハクレン、コクレンなどもまあ1.4~2mの大型コイ科魚種

普通のコイは1.2mが限界などとされている







71:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 13:29:31.51 ID:kHsOz2W5



世界各地の淡水に生息する水の中のモンスター「怪物魚」を捕らえた写真21点がスゴイ!!

http://commonpost.boo.jp/?p=31823



http://gyo-ten.up.d.seesaa.net/gyo-ten/image/SANY0430.JPG?d=a0







72:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:31:55.90 ID:+WpDInYi



>>1

>うろこは波の形状をしており、下にある厚くて弾力性の高いコラーゲン層に圧力をそらすようになっている。

>このコラーゲン自体も、ねじれて重なり合った「ラメラ」と呼ばれる多層構造になっており、約50ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)の厚みがある。

>ラメラ構造は「かみつき」に反応して少し横滑りすることで、その圧力を広い範囲に分散させることができる。



要は、ハート様なんだろ? この魚。







73:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 15:23:31.25 ID:tt8ZWqjX



巨大淡水魚の定義を体長2m以上にすると

デンキウナギとかハイギョが入って来るなあ

長いだけじゃん!って突っ込まれる



まあプロトプテルス・エチオピクスあたりはウナギ体型の割には太いから

2mオーバーなら80kg近くまで重くなるみたいだが

2.2mだか2.4mだかまでの記録はあったらしいが、ビクトリア湖ではナイルパーチと競合して

小型になっちゃったとか何とか



ヒマンチュラ・チャオプラヤやアハイアグランティがあまり大きいと騒がれないのも

・ヒレかなんか分からん薄っぺらい部分ばっかりじゃん!重さも400kgだって?とにかく薄いんだよ!

・ヒマンチュラは尻尾で稼いでる部分も多いしー。



ハイギョが巨大だとしても、それ両生類じゃね?って言い掛かりレベルの突込みをする人もいたりw

ネオケラトダスも1.8mになるんだよな



大型淡水魚には空気呼吸可能な種類も多いね

淡水環境は不安定だから大きな体なのに水の酸素だけに頼ってたら死んでしまう







74:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 20:11:47.32 ID:6oaTDFG0



400kgを超える淡水魚が他にいるのかよ・・・

チョウザメくらいだろ







76:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 22:56:47.92 ID:tt8ZWqjX



タイは元々巨大淡水魚の宝庫



チャオップラヤー川にヒマンチュラ・チャオプラヤ(ポリレピスという種類にまとめられる事も多いそうな)

http://en.wikipedia.org/wiki/Himantura_chaophraya

メコン川にメコンオオナマズ

更にパーカーホー



更にバンコクには釣堀があり、ここでピラルクー釣りが出来る

1.5mくらいのがいるw

でもこれが掛かると追加料金をめっちゃ取られるという話があるw

現在まで、野生化した例は知られていないようだが洪水の影響をもろに受ける地域だったような?



南部のプーケット島の水族館でアリゲーターガーが飼われていてむちゃくちゃでかくなったという話もあったような

レッドテールキャットも野生化してるかもな



また河川をノコギリエイが遡上してくる事も多い



タイは水生生物を飼育する人が多く洪水で逃げまくったため、固有の生態系がどうなっちまったか分かったもんじゃない





  1. 2013/10/25(金) 09:38:37|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【宇宙】竜骨座の方向1200光年 反射星雲「トビージャグ星雲」(IC 2220)の写真を公開/ESO

1:白夜φ ★:2013/10/12(土) 23:38:07.60 ID:???



反射星雲「トビージャグ星雲」

2013年10月11日 21:06 発信地:宇宙



【10月11日 AFP】欧州南天天文台(European Southern Observatory)は7日、

地球から竜骨座の方向1200光年の距離にある「IC 2220」の写真を公開した。



トビージャグ星雲(Toby Jug Nebula)とも呼ばれ、ガスとちりが赤色巨星「HD 65750」によって照らされている反射星雲だ。(c)AFP

____________



▽記事引用元 AFPBBNews 2013年10月11日 21:06配信記事

http://www.afpbb.com/articles/-/3001276



▽関連サイト

ESO

A Close Look at the Toby Jug Nebula

9 October

http://www.eso.org/public/news/eso1343/


http://www.eso.org/public/archives/images/screen/eso1343a.jpg







2:名無しのひみつ:2013/10/12(土) 23:48:58.99 ID:yCa+Z9kc



あっそうなの。







3:名無しのひみつ:2013/10/12(土) 23:50:04.35 ID:YB/fLNH0



よく分からんが綺麗だな







4:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:46:19.98 ID:wLiWzqd5



保存しました





  1. 2013/10/16(水) 12:00:00|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【宇宙】地球に似た惑星の残骸、宇宙の「墓場」で発見

1:白夜φ ★:2013/10/12(土) 23:56:22.18 ID:???



地球に似た惑星の残骸、宇宙の「墓場」で発見

2013年10月11日 12:32 発信地:ワシントンD.C./米国



【10月11日 AFP】遠く離れた宇宙で粉々になった惑星の残骸を観測した結果、水と岩石の地表が共に存在していた痕跡を、

太陽系外で初めて発見したと、英天文学者らが11日、米科学誌サイエンス(Science)で発表した。



この惑星の残骸が見つかったのは、地球からおよそ150光年離れた惑星系。

ここには、かつて生命に適した環境が存在していたとみられる他、複数の地球型惑星が恒星「GD 61」の周囲を公転していた可能性があるという。



GD 61は約2億年前にエネルギーを失い、その強大な重力によって近くの惑星を吸い寄せて粉々にした。

GD 61は現在、惑星の残骸が周囲に漂う「白色矮星」となっている。



恒星との距離が近すぎず遠すぎない生命居住可能領域「ハビタブルゾーン」内にある惑星はこれまでにも見つかっているが、

木星のようにガスを主成分としているのか、それとも地球のように岩石でできているのかなど、惑星の組成については、

星の表面を調べるには距離があまりにも離れすぎていたため、謎とされていた。



しかし、粉々になった惑星では、そのかけらを調査することにより、星の主成分を知ることができる。

これまでに白色矮星を公転する太陽系外惑星12個の残骸について調査が行われていたが、水の痕跡が発見されたのは今回が初めて。



調査では、紫外分光法によるデータを参照し、粉々になった惑星のかけらの成分を調べた。

その結果、このかけらには地球よりもはるかに多い割合の水が含まれていたことが分かった。

白色矮星を取り巻く大気からは、岩石の主成分であるマグネシウム、ケイ素、鉄、酸素が検出されたという。(c)AFP

_____________



▽記事引用元 AFPBBNews 2013年10月11日 12:32配信記事

http://www.afpbb.com/articles/-/3001212



▽関連リンク

・Science 11 October 2013:

Vol. 342 no. 6155 pp. 218-220

DOI: 10.1126/science.1239447

Evidence for Water in the Rocky Debris of a Disrupted Extrasolar Minor Planet

http://www.sciencemag.org/content/342/6155/218.abstract

・University of Cambridge

Watery asteroid in dying star points to habitable exoplanets

http://www.cam.ac.uk/research/news/watery-asteroid-in-dying-star-points-to-habitable-exoplanets#sthash.HUwo6Gv1.dpuf







2:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:01:19.42 ID:5rj7+7DQ




ウルトラマンのアイツを思い出した









13:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:40:11.18 ID:m1RCwBbH




>>2

ジャミラ?










21:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 02:05:28.86 ID:5m3oETxF




>2、>>13

シーボーズ









3:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:01:45.67 ID:7Z/shhEU



ナメック星や 間違いない







4:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:02:33.53 ID:8DuUJb/9



久しぶりに銀河鉄道999が観たくなった。







5:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:03:06.74 ID:A6nKC4TQ



イスカンダル







6:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:04:36.42 ID:UasJA/Nn



M78星雲の任侠団体にやられた方々が行く場所ですね







7:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:05:21.26 ID:d+gvmwdk



地球が潰れたら人類って滅ぶんでしょ。こえ~~~w







9:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:16:26.14 ID:uhv5uh2N



それ地球だよ







12:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:40:01.63 ID:wLiWzqd5



アンドロメダ?エメラルダス?







15:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:43:46.23 ID:UIKzScam



実は未来の地球だった・・・。







16:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 00:59:11.06 ID:6PH1by73



うひょぉー!







19:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 01:59:41.39 ID:ufyI3jQN



バルディオス最終回の不条理は

当時小学生だった俺にとっては

トラウマレベル







20:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 02:00:36.58 ID:AW1j6Gl7



元祖天才バカボンのOPを何故か思い出した







22:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 02:56:03.85 ID:TPwSsOqL



お前らが滅んでも数千億の得だけど

地球が滅ぶのは数千億兆京の損害だわな。







23:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 03:01:45.19 ID:NICFifGt



昔、像の墓場っていう薄っぺらい本を読んだ。







24:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 03:53:59.69 ID:ulasqFeS



実は人類はそっちで生まれたんだよ







25:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 04:34:27.28 ID:FzXCH2cT



フリーザが激しく破壊したのか

オラ許せねい。







27:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 05:14:54.13 ID:E35cbpvw




それは似てるんではなく

地球そのもの

間もなくだから









28:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 06:05:45.07 ID:u6sPA7p0




>>27

ガクブル









30:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 07:15:41.53 ID:LFbvfYNM



ココに住んでいた人が今、地球に移住しようと大船団で向かっているのか・・・







31:ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. :2013/10/13(日) 07:50:22.68 ID:Pwi5m8V0




解説がおかしいな



白色矮星である GD61は ヘリウムに点火したときに外層の水素を周囲に撒き散らし

周囲の惑星系は水素大気との摩擦で軌道速度を失い、恒星に引き寄せられ、惑星は潮汐力でこなごなになった。

スペクトル分析では 地球型の岩の残骸75%と 25%もの大量の水が確認されている。









32:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 08:20:00.33 ID:WxbtCoNH




>>31

もっと人文学に堪能で植木賞的な解説がほしいですね

>>1

スペースカウボーイがサルガッソって言ってたヤツのことか









33:ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. :2013/10/13(日) 08:46:49.59 ID:Pwi5m8V0




植木賞ってなに?









35:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 08:56:19.84 ID:WxbtCoNH




>>33

直木賞

木が一つ多かったね









34:ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. :2013/10/13(日) 08:49:10.43 ID:Pwi5m8V0



>GD 61は約2億年前にエネルギーを失い、その強大な重力によって近くの惑星を吸い寄せて粉々にした。



この記述がおかしい。

エネルギーをうしなうと重力が増えるのか?

白色矮星の重力が巨大?







36:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 09:00:50.91 ID:Tijn+bIx



矮星になる前に赤色巨星になって近傍惑星を飲み込むんじゃないのか?







37:名無しのひみつ:2013/10/13(日) 09:40:18.84 ID:IqaAtBmb



質量が足りないのに太陽が超新星になるんですね





  1. 2013/10/15(火) 12:00:00|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。