ナナコあんてな

ナナコあんてな ニュース速報まとめです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【生物】国内3例目、生きた状態では初めて採れたヒトデ ゴカクヒトデ科「リトソマ・ジャポニカ・ハヤシ」(和名なし)

1:白夜φ ★:2014/01/25(土) 22:58:38.49 ID:???

国内3例目、生きた状態では初めて採れたヒトデ

三重県鳥羽市の鳥羽水族館は20日、同県尾鷲市沖で国内3例目となるゴカクヒトデ科のヒトデが採取されたと発表した。

今回は生きた状態で初めて採取され、同日から一般公開を始めた。

同館によると、今月9日、同市三木崎沖の水深300メートルの海底から底引き網で採取、同館に持ち込まれた。
五角形のオレンジ色で、中心からとがった部分の先端までの長さが約5センチ。
ヒトデ分類を専門としている日本海区水産研究所(新潟市)の木暮陽一さん(48)に同定を依頼し、
ゴカクヒトデ科の学名「Lithosoma japonica Hayashi.1952(リトソマ・ジャポニカ・ハヤシ)」(和名なし)と判明した。

日本固有種で、1952年に紀伊半島沖で死んだ2個体が発見された記録が残っているという。
同館は「生きている時の色も判明し、専門家の間で注目されそうだ」としている。

(2014年1月21日16時50分 読売新聞)
_____________

▽記事引用元 YOMIURI ONLINE 2014年1月21日16時50分配信記事
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140121-OYT1T00433.htm

公開されたヒトデ(鳥羽水族館提供)

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140121-242680-1-N.jpg

▽関連リンク
鳥羽水族館
日本で3例目の珍しいヒトデ 日本初展示  2014年01月20日(月)
http://www.aquarium.co.jp/topics/index.php?id=245


4:名無しのひみつ:2014/01/25(土) 23:11:37.80 ID:r6FE70qX

なんかかっこいい


  


6:名無しのひみつ:2014/01/25(土) 23:15:44.56 ID:MgudIUS6

ヒトデひっくり返して裏の内臓(?)ムシャムシャ食べる文化にびっくらこいた。


7:名無しのひみつ:2014/01/25(土) 23:23:29.49 ID:rzmYIDWV

>>6
確か卵だった筈
ヒトデって食えるんだ~~~って驚いた


8:名無しのひみつ:2014/01/25(土) 23:32:58.39 ID:MgudIUS6

>>7
あ、卵やったんやね。㌧


9:名無しのひみつ:2014/01/25(土) 23:56:58.37 ID:H4UqKHFz

>>6
ケンミンショーかw


16:名無しのひみつ:2014/01/26(日) 10:00:39.50 ID:XJOCXkZl

ヒトデと書いてネコと読む

その心は?

ヒトデ→ヒトデナシ→人手がない→ネコの手も借りたい→ネコ


17:名無しのひみつ:2014/01/26(日) 10:30:47.59 ID:dARb+Og6

こ、これは宇宙怪獣ベムラーの幼体じゃないか…


25:名無しのひみつ:2014/01/26(日) 23:46:00.35 ID:W8tCesUG

>>17
どちらかというとベムスター


18:名無しのひみつ:2014/01/26(日) 10:46:55.16 ID:KHpqa9Me

ジュラル星人を思い出した


19:名無しのひみつ:2014/01/26(日) 11:11:19.12 ID:8vGWKCNY

ヒトデの足をモミモミすると、イヤイヤするのが可愛い


20:名無しのひみつ:2014/01/26(日) 11:27:22.98 ID:03Y5EMmz

ヒトデはなんせ動きがないし色も地味
カレイ釣りやってるとたまに釣れる


21:名無しのひみつ:2014/01/26(日) 14:36:17.85 ID:kUIlUuUP

ナマコと仲良し


22:名無しのひみつ:2014/01/26(日) 16:11:40.20 ID:vHavQ8wZ

浜辺でフリスビーにするけど簡便な


24:名無しのひみつ:2014/01/26(日) 22:44:59.16 ID:ALRzYonY

日本固有だったら和名つけてあげようぜ


26:名無しのひみつ:2014/01/27(月) 02:35:27.63 ID:CTPTFlX9

棘皮動物や花弁の数など生物界に五方対称形が多いのが不思議。
形成に楽なのは4,8など。8→5に潰れて発現する事が10年ほど前に知られたと思う。

5の数に数学的意味があったんや。
蘭やマメ、スミレ、ゴマハノ草なども6弁(ウテナを含む)で5の疑似的な形態を作る。


29:名無しのひみつ:2014/01/28(火) 01:29:25.28 ID:bsCaOG6r

ヒトデは棘皮動物

脊椎動物に近いんだよな


31:名無しのひみつ:2014/01/28(火) 09:10:26.15 ID:RJ3ZgQgE

ヒトデってなんで星形なん?


32:名無しのひみつ:2014/01/28(火) 18:43:59.48 ID:NRbJVrFa

手裏剣みたいだな
和名を手裏剣ヒトデにしよう


33:名無しのひみつ:2014/01/28(火) 21:12:22.08 ID:Q7FBLVkF

なんで、5角形なんだろうね?
発生学的にこの形状が安定しているんかいな?


42:名無しのひみつ:2014/01/29(水) 08:30:00.78 ID:bjt/k0hX

>>33-
いちおう言っとくけど、星型というのは十角形な

(五角形ぽいヒトデもあるようだが)


34:名無しのひみつ:2014/01/28(火) 21:15:49.02 ID:ZKTlfGUv

五角形だけに死角がございません


39:名無しのひみつ:2014/01/28(火) 23:03:36.51 ID:ZKTlfGUv

>>37

お褒めに預かる□もございません。

冗談はともかく、ヒトデの腕の先には目があるそうで
http://c.2ch.net/test/-/scienceplus/1389267390/i
光センサーの影がある方に進むプログラムが有るとすると
センサーの数は奇数の方が処理が楽
△だと一つがダメになった時のダメージが大きいので
五角形になった、なんてどうよ。


42:名無しのひみつ:2014/01/29(水) 08:30:00.78 ID:bjt/k0hX

>>39
いちおう言っとくけど、星型というのは十角形な

(五角形ぽいヒトデもあるようだが)


41:名無しのひみつ:2014/01/29(水) 03:33:15.42 ID:jrzR6Mvr

海綿=スポンジ
海月=ゼリーフィッシュ
人手=スターフィッシュ
海牛=シーカウ
竜の落とし子=シーホース
骨の怪獣=シーボーズ


43:名無しのひみつ:2014/01/29(水) 18:22:20.12 ID:H/cPm3Xu

5本腕って左右対称でもないし
中途半端やな


44:名無しのひみつ:2014/01/30(木) 08:57:35.70 ID:tudPOSAZ

>>43
5放射状のヒトデやナマコの様な生物が
左右対称の生物に進化したという説がある


  1. 2014/02/01(土) 09:49:00|
  2. 科学
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

【宇宙】火星に秋の気配 687地球日毎に巡る四季

1:アヘ顔ダブルピースφ ★:2013/10/21(月) 18:36:34.48 ID:???



火星に秋の気配



火星の南半球、リチャードソン・クレーター(Richardson Crater)の底に、二酸化炭素の霜に覆われた砂丘が広がる。

NASAの火星探査機マーズ・リコナイサンス・オービタ(MRO)の高解像度カメラHiRISEが、周回軌道から秋の気配をとらえた

(9月8日撮影、10月16日公開)。


http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/sand-dunes-crater-mars_72603_600x450.jpg



自転軸が傾いている火星にも、687地球日(公転周期)毎に四季が巡ってくる。



Andrew Fazekas, National Geographic News



2013年10月21日 毎日新聞

http://mainichi.jp/feature/nationalgeo/archive/2013/10/21/ngeo2013102102.html







5:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 19:01:49.15 ID:MAVeSkCB



火星にも

687地球日毎に

四季巡る



季語が無いw







6:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 19:05:07.62 ID:Q7SLrUab




リコネセンスオービタってまだ生きてたんだ









22:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 21:31:20.23 ID:S2eQ7ibb




>>6

何寝言を言ってるのかね。

CuriosityからのデータはMROが中継して地球に送ってるんだが。









8:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 19:41:02.07 ID:8p6s4qjA




>>1

この画像の何をもって“秋”なんだ?









47:名無しのひみつ:2013/10/25(金) 01:20:17.50 ID:n4yegHSh




>>8

えっと・・・・紅葉で赤いじゃん?









10:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 20:03:26.86 ID:1lA5uS/b



>687地球日



意味が良く解からないんだけど、火星は687日かけて太陽を一周するってことですか?







11:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 20:08:14.52 ID:VwqBvw3P



反対側は春だろ







13:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 20:36:17.55 ID:s1DXYftr



約、地球の2倍?

夏も冬も2倍か

鬱陶しいだろうな







14:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 20:44:20.87 ID:Mf+5/mWR



火星の一年は687日もあるのか。もし移住した「火星人」がいたら平均寿命は確実に短くなるな。







16:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 20:54:00.18 ID:CWVy2jYo



地軸傾いてたっけ?







17:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 20:56:52.03 ID:ZAwIEU83



画像の左下には液体の水が見えるね

上の方は氷結している

なんでNASAは認めないのかね







18:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 21:01:20.04 ID:YCMAQGW/



火星の1日は24.7時間だから火星日でいったら668日か







23:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 21:52:44.04 ID:2lOe3A6g




20-30年くらい昔、火星ってコケ?が生えてて増えたり減ったりしてるって言われてたよね

この画像ってあれのことか?









26:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:04:35.62 ID:Sw44kqmm




>>23

40年ぐらい前はタコみたいな火星人がいると言われていた。









24:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 21:57:58.17 ID:qCL0fWzw



火星の北半球は春の気配か







25:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 21:58:34.81 ID:5Z4fDGwe



秋の風が吹いてぇ~♪



南沙織なつかし~







33:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 11:12:36.73 ID:QU5kpWE0



ってことは各季節がだいたい170日間、地球でいえば半年くらい続くわけか…



ってことは夏休みも半年分か、移住も悪くないな







34:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 12:12:06.67 ID:kxmILvWY



どこもかしこも秋ですね







35:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 12:58:07.38 ID:2GhS4WRR



 お月見がダブルで、出来る。







36:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 17:03:06.03 ID:XrYAdnL8



火星の地軸って地球ぐらいの傾きなの?







37:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:06:13.97 ID:sqe2ZfIy



ネオベネチアもそろそろ衣替えかぁ







40:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 14:26:53.63 ID:weHltlF/



今年の秋はいつもの秋より 長くなりそうなそんな気がして







42:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 02:51:04.78 ID:FwiGyKGZ



アリアカンパニーもそろそろ冬服か







43:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 03:15:28.08 ID:CKVsQLEC



火星か・・・

何もかも懐かしい。







44:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 04:20:10.38 ID:MRUyL5fV



俺達人類は火星、月と滅ぼし移り住んで今に至るのにな

業の深い生き物だ





  1. 2013/10/29(火) 12:00:15|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【鉱物】ユーカリの葉から微量の金検出 将来的に金鉱床の探査に活用される可能性/豪州

1:依頼38-12@白夜φ ★:2013/10/23(水) 23:33:03.93 ID:???



ユーカリの葉から微量の金検出 豪州、鉱床探査に活用可能かも



【シドニー共同】オーストラリアの連邦科学産業研究機構などの研究チームは23日までに、コアラが好んで食べるユーカリの葉から微量の金を検出したと発表した。

地中に埋蔵されている金の粒子を水分と一緒に吸い上げたとみられ、将来的に金鉱床の探査に活用される可能性もありそうだ。



研究チームなどによると、調査対象は同国西部の金鉱床上に生息するユーカリで、検出された金は髪の毛の直径の5分の1ほどの大きさの粒子。

乾燥地帯で地下40mまで根を張るといい、地中から根を通じて吸い上げたとみられる。



2013/10/23 22:08 【共同通信】

____________



▽記事引用元 47NEWS 2013/10/23 22:08配信記事

http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102301002243.html



▽関連リンク

Nature Communications

Volume: 4, Article number: 2274 DOI: doi:10.1038/ncomms3614

Received 27 November 2012 Accepted 16 September 2013 Published 22 October 2013

http://www.nature.com/ncomms/2013/131022/ncomms3614/full/ncomms3614.html



*ご依頼いただきました。







2:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 23:36:32.19 ID:tt8ZWqjX



金のコアラのマーチ



と考えたがユーカリのうちコアラが食べるのって全種類のうち10%程度だったなw







3:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 23:38:52.50 ID:IvJ/3lNW



とある金採掘に関わってた人が植物の派生状況でどこに金があるかわかるって、テレビで言ってた

で、日本にはまだ有望な金鉱脈が確実にあるとも言ってたな







4:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 23:39:40.77 ID:dXwweZGb




コアラのウンコが金だった件









29:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 20:44:06.18 ID:C0uROBxA




>>4

とりあえず、それだね









5:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 23:42:18.82 ID:KgjknIa/




他の植物では駄目なのか?









31:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 21:06:28.61 ID:Ecuh9Ofa




>>5

・根がおそろしく深く張る

・どこにでも生えている



これを満たすなら、どの大陸のどんな植物でもいいだろ。

乾燥地帯のない日本でそんな植物があるかどうか知らんけど









6:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 23:54:56.07 ID:v9kO+vk6



コアラのマーチを食べると金のウンコが出てくるのか







7:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 23:58:40.73 ID:+U/wvz4K



すげー、でも40mに根張るまで何年かかるのか…







8:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 00:04:04.06 ID:2337wSrF



日本は海底熱水鉱床で資源得ようぜ







9:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 00:28:39.64 ID:ONwkfMjb



金にゆかりのある植物だったか







10:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 00:29:43.10 ID:EnAOsv0N



ユーカリて不思議な植物だね







11:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 00:58:58.06 ID:UX0hF8Y+



樹皮がボロボロ剥げたり

精油を多く含みうまく燻蒸して抽出するとガソリンエンジンやジェットエンジンが動いたり

一方でその油ゆえ山火事を起こしたり

むしろ山火事が起きないと発芽しない種子を持つ植物が周りに多かったり

コアラの餌になったり



ただユーカリが属するフトモモ科全体ではユーカリは役立たずの方かもな?

材木やら蜂蜜やら精油やらは確かに取れるが、フトモモ科は果樹が物凄く多い

グァバ、ストロベリーグァバ、フェイジョア、ジャボチカバ、チョンプー、スリナムチェリーなど

それらに比べたらちょっとなあ



オーストラリアでは土壌浸食防止のために土地の面積の5~10%にユーカリを植えるように指導しているが

ここで出るユーカリ落ち葉を集めて燃料にしよう、という研究がされている







12:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 01:11:35.52 ID:0EFAnOd3



ドアラの師匠のゴールデンドアラはこれで…







18:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 14:26:44.52 ID:33W+GPhX




ドンチャック物語ってアニメで

似たようなことやってたな・・・



収穫期の麦畑は黄金色に輝いている

麦の穂には微量の金が含まれているからです

麦わらを大量に集めて燃やし

灰を水で薄めて濾せば金が抽出出来る



って言う話



ネタばれになるのでオチは言わないでおく。









19:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 14:33:03.02 ID:zrm8drZ5




>>18

何度も見たはずなのに全く何も記憶してないアニメの筆頭だわ<ドンチャック物語

黄色いキャラがキモい上に説教臭かったような









21:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 14:45:13.86 ID:UX0hF8Y+



落ち葉から精油を集め、

そのカスのセルロースからバイオエタノールを作り

残渣からリンだけでも分離して畑に撒くとして、



その更に残りから金が採算合うほど取れれば良いが、



せいぜい>>1にあるような、金鉱床発見の目安が精一杯かなあ?と考えられる

それでも十分だけどね







23:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 17:42:47.92 ID:Mru2OD+u



勘違いして砂金代わりにユーカリを伐採する人間が現れそう







25:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 18:47:15.90 ID:7DiCluUD



金の指輪ひとつ作るのにユーカリおよそ500本必要で

だから実用的ではないとその研究者の人が言ってた。

今朝のBS1 のニュースで見たぞ。







27:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 19:01:32.48 ID:2twGSW2s



金は必須栄養なのか







30:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 20:53:20.42 ID:72OW++Cc



アリ塚を見て回って金鉱脈を探すってのをやってたな。

旅番組だったと思う。




  1. 2013/10/28(月) 12:00:29|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【技術】ウシの「げっぷ」を燃料に変換する画期的な新技術を開発/アルゼンチンの研究チーム

1:ケンシロウとユリア百式φ ★:2013/10/21(月) 22:34:34.99 ID:???



アルゼンチンの研究チームが、温室効果ガス排出の削減につながるかもしれない

新技術を開発した。ウシの「げっぷ」を燃料に変換するという画期的な方法だ。



アルゼンチン国立農牧技術院(INTA)の手によるこの新技術は、

ウシの胃につないだチューブから消化ガスをタンクに集め、

その後メタンガスを分離するというもの。

メタンガスは、自動車や発電所などで使われている天然ガスの主成分。



INTAの動物生理学グループの責任者、ギレルモ・ベラ氏は

ロイターの取材に「(集めたガスを)圧縮すれば天然ガスと同じになる」と説明。

「現段階では実用的なエネルギー源とは言えないが、

化石燃料の埋蔵量が問題になる2050年という未来を見据えれば、代替手段になる」と述べた。



ウシは1頭当たり1日250─300リットルの純粋メタンを排出するが、

これは冷蔵庫を24時間切らずに使うのに十分な量だという。



アルゼンチンは約5100万頭の肉牛を飼育する「ビーフ輸出大国」の1つ。

INTAによると、同国の温室効果ガス排出量全体の30%がウシによるもの。

メタンガスの温室効果は二酸化炭素の23倍に上るが、

INTAは「それを抑える方法にもなる」としている。



ソース:ロイター(2013年 10月 21日 13:17 JST)

http://jp.reuters.com/article/jpnewEnv/idJPTYE99K03720131021







2:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:41:16.84 ID:KoZUVESC



イグノーベル賞狙ってるな








3:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:44:24.43 ID:ja/7b//6



牛の負担は?







5:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:47:02.32 ID:LTTO3A82




げっぷなんてそんな出るもんなの?









26:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 00:52:00.71 ID:2ZeTrUnZ




>>5

実家牧場経営してたけど

エサやってる時に、牛のゲップくらわされてたよ



月イチくらいで・・・










47:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 13:18:26.44 ID:YKRBSee9




>>5

牛のゲップが地球温暖化ガスの大きな割合を占めている。

http://www.naro.affrc.go.jp/org/nilgs/guidecomic/04/index.html









6:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:48:50.73 ID:o5NBALiU




俺もよくゲップするよ。

燃料費1ゲップ=1万円で、提供するわw









8:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:53:19.18 ID:LTTO3A82




>>6

逆流性食道炎だろ、ガン化するから早めに健診しれ









7:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:51:57.84 ID:qaQH9wb6



うう・・・・・・ (>_<)







9:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 22:55:35.73 ID:3efS9hOe



いや…そもそもゲップをどうやって回収すんだろ?たえずマスクでもつけるのか?








10:(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2013/10/21(月) 22:58:33.65 ID:UHMnD3Q9




毎年春になると「人類を救う新エネルギーを発明...」

と目を輝かす人が増えるらしい...南米はこれから春なのか?









11:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:00:46.64 ID:0Cn7YjMY




>>10

そりゃ、南半球はこれから春だろw









14:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:13:13.96 ID:Glz5eOBp



牛に発電機を回させれば、運動不足も解消。







15:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:18:40.79 ID:tGTdndaZ



牛の生体エネルギーを抽出すると言う厨弐病







16:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:18:48.12 ID:WB0oDSyl



>「(集めたガスを)圧縮すれば天然ガスと同じになる」



牛乳か肉か知らんが、ほかの用途のウシに四六時中マスクつけさせるわけにもいかないし

圧縮するのにコストというかエネルギー要するでしょ、という。



熱力学って産業を前提として構築されたものだから、

そこらへんもうみんな考えたり試したりしてる。。。







17:(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2013/10/21(月) 23:22:11.90 ID:UHMnD3Q9



いっそ燃料電池付きサイボーグ家畜を開発してみたら?







18:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:23:41.81 ID:t5YuRv46



モーこれまでか・・・







19:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:33:10.21 ID:WB0oDSyl



アントンハイセルと同じにおいがする







20:名無しのひみつ:2013/10/21(月) 23:46:47.40 ID:rPsjAdWU



たぶん、ウォルター・ビショップ博士が30年位前に完成させてると思うw







23:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 00:41:56.45 ID:IbwUUCX1



何の病気でもない牛に胃ろうを付けてるようなものか。牛がちょっとかわいそう。







25:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 00:50:39.01 ID:P7fUcUIJ




メタンガスは軽いから上に上がるよ。

牛舎を突起状の屋根にしてそこから集めたら?









36:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 06:57:41.16 ID:wh8t2Ndz




>>25

確かに。それいいな










42:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 09:22:36.65 ID:TTylp1rp




>>25の案のが実用的だろ

それに牛の口に変なものとりつけたら愛誤がうるさそうだし









27:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 01:07:39.64 ID:lNDaOcBv



いっそイグノーベル賞候補になり得る研究になら本家のになり得るそれ同様の十分な研究費を出す、ようにしろよ日本は

どっちにもならない大抵のものよりずっとまし



一見バカな研究でも珍奇度がそこそこ高ければそこそこ食っていけ得ます 理系呼び込みになりそうだろ 

>「ウシのふんからバニラの香り成分「バニリン」を抽出した研究」で日本人研究者の山本麻由さん(26)が2007年度イグ・ノーベル賞を授賞しました。

女研究者の呼び込みにもなる







29:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 01:15:37.19 ID:o4xdscSV



たしか環境破壊の元になってるらしいから

なにげにずごい発明かも







31:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 03:17:14.30 ID:rj3PgRT+



>ウシの胃につないだチューブから消化ガスをタンクに集め



コスト的に見合うとは思えない訳ですが







33:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 04:31:35.17 ID:izuxYQYO



ばかばかしい。

牛を牛舎で飼育するんなら別だけど。

アルゼンチンはパンパで放牧させてアルファルファを食わせてるんだろ。



こういうのはメタンハイドレートが燃料になるとか言う馬鹿と同じ。

小規模でもいいから実績を挙げてから言ってほしい。

インビトロとインビボは違う。







34:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 06:19:08.73 ID:jVJjtpay



人間減らせば牛の需要もヘルから結果的にco2減るだろ

特にラテンなんかボカボカ作りすぎだからよ

まず↓から







37:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 07:01:31.90 ID:snp25BhE



消化効率が高くてゲップを出さない牛ないし腸内細菌を、

遺伝子操作で作成する方が実現早そう。







38:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 07:07:38.95 ID:Wqub+3Jz



ワシのげっぷはいらんか~







43:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 11:20:44.31 ID:nF1f6m1P



牛の腹に穴を開けてチューブを差し込むんじゃなかろうな

愛護団体が押し寄せるぞ







44:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 11:33:13.88 ID:QU5kpWE0



いや、それやるなら牛の胃の中に住んでる微生物から

メタンガスを発生させるヤツを単離・培養してもっと効率的にやろうよ







49:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 14:29:20.39 ID:1LChSRlc



放牧するウシの背中に一々ビニールバッグを背負わせて

口から通したチューブを通ってビニールバッグにメタンが溜まる



こんな仕組みかねえ?

でも毎日集めなきゃいかん

放牧でも乳牛なら毎日乳搾りの時に集めるから

その時にメタンも回収する



>>1だけじゃどうも分からんな

まあ、集めたガスで牛乳を煮たりは出来るんだろうなあと







52:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 17:08:09.20 ID:ExBengXS



インドで研究してなかったっけ?







54:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 17:48:44.48 ID:dVP+SBXv



牛のメタンガス発生量 55㎏/年・頭 (人間 0.05㎏/年・人)



自動車 10,000㎞/年の温室効果に相当



世界の牛の数 15億頭

自動車の数 10億台





肉ばっかり食べてたらやばいよw







56:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:00:30.99 ID:JW9ezmmY




げっぷしない牛を掛け合わせようよ









57:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:42:02.93 ID:HgOcHE7s




>>56

セルロースの分解と密接に関わってるから

げっぷしない牛は探してもいない










58:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:49:46.60 ID:hRojFTyH




>>56

おならが出るんじゃね?









59:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 07:04:43.59 ID:WaXJB9c/



肉食べるのやめたら牛自体減らせるよな







60:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 07:25:55.06 ID:k1ubHZfX



地球を滅ぼすといわれてた上に

メタン不足ともいわれてたからな

三法良しだ







61:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 09:04:36.58 ID:weHltlF/



食べてすぐ横になると牛になるというのはただの迷信と思われてるけど

逆流性食道炎になって牛のようにゲップが出るという事だからな。

昔の人の格言を馬鹿にしちゃいけないよ







63:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 18:46:54.34 ID:Yg4XlOpX



イグノーベル賞とノーベル賞の両方を獲得している人っているね







64:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 22:49:08.13 ID:BlZsqW1l




それより、牛の胃の中でメタンを別の物質にする菌を育てりゃいいだろうに?









65:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 02:10:17.59 ID:UX0hF8Y+




>>64どんな物質がいいかなあ?

水溶性にして、別の細菌が利用できるものがいいか?










68:名無しのひみつ:2013/10/25(金) 04:28:21.50 ID:rIVBwNwV




>>64

そうだ!メタンから糖を作る細菌入れようぜ!









66:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 02:23:17.89 ID:oFSj+Kgw



地球寒冷化になれば牛が地球を救うのか・・・





  1. 2013/10/27(日) 12:00:46|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【医療】脱毛症治療に光…毛乳頭細胞をヒトの皮膚組織に移植して毛が生えたことを確認/米コロンビア大など

1:ケンシロウとユリア百式φ ★:2013/10/22(火) 18:17:06.15 ID:???



毛髪を生み出す組織「毛包」の形成に主要な役割を果たす

毛乳頭細胞を成人男性の脱毛症患者の後頭部から採取し、

試験管内で立体的に培養した後でヒト皮膚組織に移植したところ

毛が生えたと、米コロンビア大と英ダラム大の研究チームが発表した。

論文は22日以降に米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 

日本では東京理科大の辻孝教授らが昨年4月、毛乳頭細胞と

毛包上皮の幹細胞を組み合わせて立体的に培養する方法で、

毛包再生に成功したと発表した。コロンビア大などのチームは、

毛乳頭細胞だけでも培養方法を工夫すれば毛包を再生でき、

近い将来に臨床試験を始められる可能性があると説明している。



ソース:時事通信(2013/10/22-02:07)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013102200025

画像:成人男性脱毛症患者の毛乳頭細胞を採取して試験管内で立体的に培養し、

ヒト皮膚細胞に移植したところ、毛包が再生し毛が生えた(染色後の顕微鏡写真)


http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0131021atj1_p.jpg



関連リンク:米科学アカデミー紀要に掲載された論文要旨

「Microenvironmental reprogramming by three-dimensional culture

enables dermal papilla cells to induce de novo human hair-follicle growth」(英文)

http://www.pnas.org/content/early/2013/10/16/1309970110.abstract

関連リンク:東京理科大辻教授による毛髪再生の説明ページ

http://www.tsuji-lab.com/research/organ/hair.html







2:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:18:57.61 ID:bwUv8zcS



ブラック増毛企業終わった!







3:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:19:44.25 ID:Hvtfev1d



ハゲに朗報







4:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:23:16.11 ID:QjfCqq5W



全然興味ないけど頑張ればいいよ全然興味ないけど







5:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:25:44.82 ID:F9XCOntE




ハゲは差別用語。

髪の毛の不自由な人でいいだろう。









19:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:54:43.58 ID:iZ39EnF7




>>5

長ったらしい言い換え語は結局定着しないよ。

ハゲと同じくらい短い単語じゃないと。ゲーハーとか










33:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:40:25.01 ID:j+P3hJz4




>>5

髪の毛が不自由ってなんだよ、

どちらかといえば自由すぎるから剥げてんだろ










87:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 12:39:24.95 ID:dTGJZLJE




>>5

follicularly challenged とか folically independent とか comb-free とか言うらしい



直訳すると、最後のは「櫛いらず」だ









6:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:27:09.70 ID:ENXiWOq6



ハゲ細胞まだかー!!







7:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:30:14.92 ID:6UVhMieY



医療の進歩は素晴らしい。

特にここ最近はペースアップしてるように見える。







8:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:31:30.57 ID:QA0wf5jZ



移植しても根本的な原因を治療しなければ再びハゲる







10:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:36:32.96 ID:kubW+23v



しかし本来頭部を保護する為のものが加齢で抜け落ちるってのはおかしな話だよな







11:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:38:15.81 ID:ehDdpr5e



ハゲみになります。







13:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 18:55:45.37 ID:U0X8MJnR



頭部以外の体毛は加齢により増えるのにな。







14:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:14:47.76 ID:RrDmCws9




逆に、一発で脱毛出来る塗り薬とかって出来ないの?









15:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:40:55.87 ID:Rwdeg7Gw




>>14

それはすでに薬局で売られている。









16:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:46:19.95 ID:kKYJOhAx



俺には全然必要ないけど早く実用化するといいね

俺には関係ない話だけど国策として研究したらいいんじゃね







18:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:46:55.37 ID:oS9swiGf



ハゲの抗体ができそうだ







22:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 19:57:36.36 ID:0sQL34Dr



ハゲは甘えではない!

俺はずっと闘っている!







23:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:01:19.09 ID:6XdeKhsX



髭剃るのドーメンサイクーだからゲーハーの人に毛根提供したいわ







24:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:04:07.78 ID:g49Wpx2j



これ、加齢に伴う男性的なハゲの話?

それとも脱毛症とか病気的なハゲの話?







25:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:37:28.62 ID:CvIKsmYY



これは、施術が必須みたいだから、皮膚科が有望?







26:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:40:50.11 ID:JA/GcUJx




ハゲ部位に移植した場合はすぐに死滅するのよ









35:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:46:45.90 ID:7QLydKXV




>>26  

既に植毛って技術が実用化されているけど









27:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:52:55.64 ID:+rtKTj0l



養分のない畑に苗を植えるようなものか

ハゲの諸君、残念だったなm9(^Д^)プギャー







28:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 20:59:49.89 ID:5QoTVDH/



毳が生えてきたという研究はよくきくが

一般社会に浸透するまではまだまだ時間かかるのか







29:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:07:49.56 ID:rEQnM3YH




用水路のないところに田んぼ作って苗植えてもだめ。

血管作んないと。









35:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:46:45.90 ID:7QLydKXV




>>29 

既に植毛って技術が実用化されているけど









30:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:12:24.95 ID:IBzv8AUA



はやくはやく!!

厚生省もはやく承認よろしくね







31:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:18:51.33 ID:W37JvEhN




実験段階で成功!しかし続報がまったくないのが現実









58:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 05:29:09.73 ID:3iMflqEG




>>31

いや、続報があったときに前の研究を忘れてるか

もしくはそもそも続報自体を知らないだけだ



ハゲの研究はここ数年で明らか進歩してるぞ









32:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:29:36.72 ID:vHwg9rFA



薄毛に悩む厚生族議員に教えたらすぐに保険適用だな。







36:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:47:28.14 ID:XEQcFYgM



ハゲに光かぁ

医師はサングラス必須だな







37:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 21:51:17.13 ID:+75XQ2Qa



これまでのデータから今後を予測するに、猶予はあと3年ほどしかない。急いでくれたまえ。







38:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:01:53.93 ID:7XM5EKk9



どうやら世界は救われるようだな







42:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:30:53.45 ID:UomzMile



毛根にはいくつかの断面パターンがあるのは皆知っているだろう。

頭部の毛髪と陰部の毛髪とではニーズに大きな違いがあるぞ。



そこをクリアして大量増殖・大量移植が可能になったらイグノーベル賞は受賞確実。







43:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:33:01.19 ID:VM9upbq8



     

後頭部から毛乳頭細胞を採取し、ブツブツと針で植え付けていく現方法と、



どう 違うん

                                          







44:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:33:55.56 ID:H7UsAE/s



ただの円形脱毛症ならそれで再生するかもしれない

ただ、遺伝によるパゲは… そもそも毛が抜け落ちる頭皮環境なわけだし。







45:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 22:43:59.32 ID:wausmU7W



でも、お高いんでしょう?







46:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 23:14:35.82 ID:uRKTVY3F



無駄な抵抗はやめて、おとなしくハゲなさい。







47:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 23:23:40.28 ID:4gGV9Quh



もう光ってんだよ。

約にたちゃしない。







48:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 23:44:58.84 ID:bdlsDWlG



ハゲを受け入れるか、ハゲは病気として治療受けるか、になってくるんかね?







49:名無しのひみつ:2013/10/22(火) 23:45:33.22 ID:q9dJfcZD



もういいよ





間に合わなかった







54:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 00:45:22.51 ID:dgJEWYVW



禿げるスイッチは脳の方にあるから、移植しても禿げる細胞にすぐ変わると思うわ







56:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 01:28:59.35 ID:WWXF/dSn




やせた土地に植林しても









60:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 07:18:41.26 ID:JQWjAdD8




>>56

これだな



俺も薄いが ハゲる奴は頭皮が薄く柔軟性がない ハゲない奴は

頭皮に脂肪多く柔らかい









62:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 07:44:08.99 ID:sJH0m5Dp



もともとはあったんだから毛乳頭細胞が無いのが問題じゃなくて

毛乳頭細胞が死滅する頭皮を何とかしなきゃ無意味だろ。







63:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 07:48:10.86 ID:cIXFT4G2



ゴリラとか他の類人猿からしたら、人間なんて

驚くほどの脱毛症なんだから、極一部の毛を

気にしてもしょうがないだろう。



おそらく、進化を重ねて行くと生まれてから死ぬまで

ツルっぱになるはず。

ゲーハーの人は進化の最前線にいると誇っていいよ。







66:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 09:46:57.21 ID:/MjS9Tzf




俺的に年取っても禿げない人(髪の減らない人?)の特徴



角刈りが超絶似合う頭の形

幼い時から髪の毛が太くて硬く本数も滅茶苦茶多い、髭も眉も濃かったりする

オデコのシワを寄せると太いのが一本際立つ、またシワがそれだけ(オデコが狭い場合が多い)

猿顔

頭と顔の皮膚を含め目全体的に皮膚がぶ厚い人









74:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 17:13:01.71 ID:MXQVn/tf




>>66

まんま俺のことで、俺は立派に禿げてるが










75:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 17:41:34.13 ID:/MjS9Tzf




>>74

陸上の天狗猿みたいな高校生のような奴の事やで









68:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 10:51:13.19 ID:0ej08B6l



しょうがねえな

俺が実験台になってやってもいいぜ







69:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 11:08:38.56 ID:oDo8J+/W



(´;ω;`)ブワッ







70:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 11:20:06.86 ID:3glzHPUO



おれ、某植毛専門の病院で植毛したけど

普通に生え続けているけどな

悩むことなくなって精神的に楽になった、金は100万以上かかったけど







71:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 12:14:05.66 ID:mMBpzu9D




これって腋とか陰毛でも代用効くかな?

毛髪必要なら残ってるうちに上手く保存する方法あるだろうか









72:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 13:28:49.56 ID:3iMflqEG




>>71

培養するんだから、大した量は要らないし

わざわざ他から取る必要はないと思うが









77:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 19:08:39.27 ID:qNJurndl



無駄な抵抗だ







78:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 21:10:16.69 ID:yaaFbYpj



で、あと何年で実用化されるんだよ!







80:名無しのひみつ:2013/10/23(水) 21:50:30.13 ID:/DVm48II



禿げに移植したとたん枯れるから無駄www

禿をなめるなよwww







83:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 02:48:28.26 ID:DrHqv9nw



去年、マウスにこの細胞を移植して発毛に成功したけど

その時は10年後の実用化を目標にと言ってたな



てことは後9年かな…







84:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 03:14:40.80 ID:CKVsQLEC



早く、お安くできるようにお願いしまつ。







85:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 03:33:33.56 ID:941TO72a



一般発売化はよ

間に合わんくなるやろが







86:名無しのひみつ:2013/10/24(木) 07:44:56.27 ID:NFCxK29p



認可に10年とかw





  1. 2013/10/26(土) 12:00:00|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。